So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

追記「わたせせいぞう展」SEIZO WATASE展覧会(2018年まで) [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

追記「わたせせいぞう展」

SEIZO WATASE展覧会(2018年まで)

DSC_0180s.jpg[コピーライト]SEIO WATASE/APPLE FARM INC.

撮影 すべて 浦 典子

被撮影者には撮影および掲載許可済

 

  阪急うめだ本店にて『わたせせいぞう展』については、以下で記しているが、わたせせいぞうの今まで行われた展覧会については、字数の関係で収まりきれなかったので追記する。

    https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2019-05-20

また、上記の画像をよく読んでいただきたい。

わたせせいぞうの仕事に対する厳しい心構えがよくわかる。

☆ 展覧会(2018年まで)

1989  3  1回ポスター展「わたせせいぞうボクのお気に入り世界展」

(東急吉祥寺店/東京)

1990  2  「わたせせいぞうアートポスター展」

(フジグラン松山ギャラリー/松山)

          3  「わたせせいぞうスプリングアートイラスト展」

(サンモール広島ギャラリー/広島)

           4  「わたせせいぞうの世界スプリングシャワー1990」

(新宿コニカプラザ/東京)

1991  7  新作版画発表展(丸の内画廊/名古屋)

            8  「わたせせいぞうの世界展」(徳島県立二十一世紀館/徳島)

1992  1   東京インターナショナルアートショー出展

(東京国際見本市会場/東京)

1993  4  「わたせせいぞう光と風のバカンス展」(いせや伊勢崎店/群馬)

          12  「わたせせいぞう原画展」(松坂屋大阪店/大阪)

1995  4  「色彩の旅人となって…20年 わたせせいぞう原画展」主催/朝日新聞社(小倉玉屋/北九州)

            8   同展巡回先(博多井筒屋/博多)

1996  2   「色彩の旅人となって…20年 わたせせいぞうの世界展」

主催/朝日新聞社(大丸ミュージアム/東京)

            8月   「色彩の旅人/わたせせいぞうの世界展」主催/朝日新聞社(高島屋グランドホール/京都)

           10 個展(CAST IRON GALLERY/ニューヨーク)

1998  4   THE WORLD OF SEIZO WATASE(日米文化会館/ロスアンゼルス)

           12  帰国記念-わたせせいぞうの世界展 主催/朝日新聞社

THE WORLD OF SEIZO WATASELovin' the American Winds and Waves of the 60's」(銀座三越/東京)

1999   1  同展巡回先(JR京都伊勢丹美術館「えき」KYOTO/京都)

             5月  同展巡回先(岡山高島屋/岡山)

           10  同展巡回先 パステルホール(小倉井筒屋/北九州)

2000   5 「わたせせいぞうの世界展-Hear The Wonderful Music=-ボクたちのそばにはいつも音楽が流れていた…。」(伊勢丹相模原店/神奈川)

             8 同展巡回先(ながの東急百貨店/長野)

           12 「わたせせいぞうの世界展 21世紀へのRoman-自然に優しく抱かれて-」(大丸ミュージアム/東京)

2001   4  同展巡回先 主催/朝日新聞社(JR京都伊勢丹美術館「えき」KYOTO/京都)

           11 同展巡回先 カトレアホール(八木橋/埼玉)

2002年   1  「わたせせいぞうの世界展 21世紀へのRoman 自然に優しく抱かれて-三都つれづれ-」(銀座三越/東京)

             9 「わたせせいぞう展 ハートカクテルから20年~彩と詩で伝える心の響き~」(横浜高島屋ギャラリー/横浜)

           10  「わたせせいぞうと海のギャラリー・オープニング企画記念展」(旧大阪商船/北九州)

2003   8  「わたせせいぞう展 ハートカクテルからハナドキロード

~彩と詩で伝える心の響き~(巡回展)」(新潟伊勢丹アートホール/新潟)

           12  「わたせせいぞうの世界展 ~花・FLOWER・華~」主催/朝日新聞社(大丸ミュージアム/東京)

2005   2  「わたせせいぞう作品展~13年目のバレンタイン~」(丸の内画廊/名古屋)

             2月   朝日新聞西部本社発行70周年記念「わたせせいぞう展」I'm専門店街<11階>特設会場/北九州)

             5 「わたせせいぞう展 ~ふたりだけのハイビスカスアイランド~」(銀座三越/東京)

2006   1  「わたせせいぞうの世界展 ~How Romantic -なんてロマンチックな!!-」(大丸ミュージアム/東京)

             3  同展巡回先 (藤崎/仙台)

             4  旅フェア2006 色彩の旅人「わたせせいぞう特別展」 (幕張メッセ/千葉)

             5 「わたせせいぞうの世界展 ~How Romantic -なんてロマンチックな!!-(巡回展)」(しが県民芸術創造館/滋賀)

           12 「わたせせいぞう展 SEIZO WATASE in X'mas」 (小田急百貨店新宿店本館/東京)

2007年   4 「わたせせいぞう展 ~なんてロマンチックな!!~」(岡島百貨店/甲府)

             8  「わたせせいぞうの世界展 ~ロマンチックな風に誘われて~」(ベイシアIS伊勢崎店/群馬)

           10 「門司港わたせせいぞうギャラリー 5周年特別展」(旧大阪商船/北九州)

           12 「わたせせいぞうの世界展 ~オリジナルカレンダーにみる20年の軌跡~」(銀座三越/東京)

2008   3  「わたせせいぞう展 めぐる季節の中でーふたりー」(伊勢丹府中/東京)

           5  「わたせせいぞうの世界展 ー花の彩・街の彩そして日本の彩ー」(全国都市緑化ぐんまフェア 高崎会場/群馬)

2009   2 「おとこのロマンと色彩の旅35周年記念 わたせせいぞうの世界展 ~ハートカクテルなこころ~」(大丸ミュージアム/東京)

           11 「旧大阪商船・旧門司三井倶楽部15周年記念 わたせせいぞうの世界展 ~おとこのロマンと色彩の旅・Mojiko~」(旧大阪商船/北九州)

           11-2  「ハートカクテルなこころ わたせせいぞうの世界展 ~自然は優しく四季を彩り~」(タオル美術館ICHIHIRO/今治)

2010   7 「わたせせいぞう展 ~ハートカクテルなこころ~」(藤崎/仙台)

             8  「わたせせいぞう展 ~大人の夏休み~」(大丸/東京)

           10  「わたせせいぞうの世界展 ~ハートカクテルなこころ~」(ショッピング・プラザ アピア/滋賀)

2011   2  「わたせせいぞう展 Happy Valentine ~ローズ色の微笑み~」(三越栄/名古屋)

             5  「東日本大震災支援企画 わたせせいぞう展 ~ハートを贈ろう ニッポン!!~」(旧大阪商船/北九州)

             7 「東日本大震災支援企画 わたせせいぞう展 ~ハートを贈ろう ニッポン!!~」(藤崎/仙台)

           10   「わたせせいぞう展 ~Autumn・染まりゆく街角~」(そごう横浜/横浜)

2013   2 「わたせせいぞうバレンタイン企画 - Love Train -」(表参道ヒルズ/東京)

             5 「わたせせいぞうと海のギャラリー開館10周年記念 SEIZO WATASE in MOJIKO ~汐風のくれたキミの歌~」(旧大阪商船/北九州)

      7  SEIZO WATASE in 2013 Summer ~南の風に吹かれてキミは・a happy time~」(銀座三越/東京)

      11  SEIZO WATASE ~ふたりのYOKOHAMA STORY in 横浜赤レンガ倉庫」(横浜赤レンガ倉庫/横浜)

2014  5-6  The 40th Anniversary わたせせいぞうの世界展 ~ハートカクテルからアンを抱きしめて~」(ジェイアール京都伊勢丹美術館「えき」KYOTO/京都)

       8  「東海道新幹線開業50周年記念 わたせせいぞう作品展 シンデレラエクスプレス」(JR名古屋タカシマヤ/名古屋)

    10-11月 「The 40th Anniversary わたせせいぞうの世界展 ~ハートカクテルからアンを抱きしめて~」(北九州市漫画ミュージアム/北九州)

2015  10月  「わたせせいぞう展 ~朱色に染まった時間(とき)~」(新宿タカシマヤ/東京)

    11-1  The 40th Anniversary わたせせいぞうの世界展 ~ハートカクテルからアンを抱きしめて~」(神戸ゆかりの美術館/神戸)

2016  8-9 「わたせせいぞう展 この夏キミと ハートカクテル ドリーミング!! 」(山陽百貨店/姫路)

       9 「わたせせいぞう展 in IKSPIARI」(イクスピアリ/浦安・舞浜)

2017   12月 「わたせせいぞうカレンダー30周年記念展」(八重洲ブックセンター本店/東京)

2018   3 「 わたせせいぞうの世界 ~はじまりはホワイトデーだった~ 」(横浜タカシマヤ/横浜)

      4-7  「ハートカクテル35周年・オリジナルカレンダー30周年記念 わたせせいぞうの世界展  ハートカクテル in 石巻」(石ノ森萬画館/宮城・石巻)

              9 「博多大丸開業65周年・ハートカクテル35周年 わたせせいぞうの世界展 ~ハートカクテルだったあの頃~ 」(大丸福岡天神店/福岡)

              9 「わたせせいぞう展 in IKSPIARI」(イクスピアリ/浦安・舞浜)

            10 DAIKANYAMA THE HERITAGE 2018 わたせせいぞうの世界~クラシックカーの風に乗って~」(代官山 蔦屋書店/代官山)

            12 「わたせせいぞうの世界 クリスマス展」(八重洲ブックセンター本店/東京)

会 期:

2019年5月15日(水)~20日(月)

会 場:

阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー

時 間:

日曜~木曜 10:0020:00 金・土曜 10:0021:00

入場料:無料 (最終日は18:00閉場となります)

企画制作:

()アップルファーム

☆阪急うめだ本店

      http://www.hankyu-dept.co.jp

☆☆阪急うめだギャラリー

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/event/index.html

()アップルファーム

http://www.apple-farm.co.jp/

 

☆今後の予定 

☆松坂屋名古屋店「わたせせいぞうの世界展」  2019年6月5日(水)~17日(月)

☆最新刊 コミック「ハートテレフォン」2019524()発売!!

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

 

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

阪急うめだ本店「わたせせいぞう展」SEIZO WATASE [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

阪急うめだ本店「わたせせいぞう展」

SEIZO WATASE

DSC_0205 (2)s.jpg

[コピーライト]SEIZO WATASE/APPLE FARM INC.

以下撮影 すべて 浦 典子

被撮影者には撮影および掲載許可済

 

わたせせいぞうの画業45周年を記念し、阪急うめだ本店にて『わたせせいぞう展』が開催中だ。

関西での展覧会は、3年ぶり。そして、意外なことに大阪・梅田の中心街では初の開催という。

わたせせいぞうの画業40周年を記念した展覧会については、以下で記しているので参照されたし。

http://artnews.blog.so-net.ne.jp/2014-10-19

https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2015-11-22

わたせせいぞうの出世作、「ハートカクテル」。

漫画だけではなく、アニメやそのBGMとして作られた松岡直也、島健、三枝成章のCDもヒットし、社会現象となった。

わたせせいぞうは、今や知らぬ人はいないほど有名だ。

この展覧会では、メインイラストとして、ローズガーデンのアフタヌーンティーで語らう二人「Tea for Two」が展示されているほか、原画・原稿なども展示。

DSC_0112s.jpg

 

DSC_0136s.jpg

 

DSC_0150s.jpg


 

 

また、阪急ならではの展示として、わたせせいぞうが行なった阪急電車(神戸線)ラッピング列車や宝塚歌劇団のイラストも。

DSC_0152 (2)s.jpg

 

DSC_0153 (2).jpg

 

DSC_0154 (2)s.jpg  DSC_0155s.jpg

 

518日に行われたサイン会にさっそく取材に伺った。

阪急うめだ本店とわたせせいぞうの企画運営を行なう()アップルファーム 双方のご協力により、取材、撮影許可が得られたのだ。

実は、神戸ゆかりの美術館で行われた展覧会では、時間の関係上、サインをいただくことができず、残念に思っていたが、()アップルファームの担当者は、次回、関西にわたせせいぞうが来る際には、サインは約束してくれていたのだ。

サインとサイン会の取材をお願いするだけのつもりでいたが、終了後に何とインタビューに応じていただけるという。

そんなサプライズな許可が下り、喜び勇んで阪急うめだ本店に向かった。

サイン会でのわたせせいぞうは、神戸ゆかりの美術館で行われた時と同じように常に笑顔で来場者と話していた。

前回の記事では、書かなかったのだが、多くの来場者に展覧会や作品の感想を聞いているのだ。

(※注 来場者に対して100%保証されるものではないので誤解のない様にしていただきたい。)

DSC_0104trss.png

わたせせいぞうのサイン会は、サインをして写真を撮って、はい、一丁上がりというようなことは一切ない。

わたせせいぞうは、ファンのかたの意見を聞き、仕事に取り入れているのだ。

これは、筆者が研究する、インダストリアル・デザイナー、レイモンド・ローウィのマーケティング手法に通じるものがある。

レイモンド・ローウィの長女によると、ローウィは、家族でスーパーマーケットに買い物に行った際、商品をカートに入れようとしている主婦につかつかと歩み寄り、他にも似たような商品がたくさんあるにもかかわらず、なぜその商品を買おうしたのか、その理由を聞いていたというのだ。

インスピレーションの影には、這いつくばるような努力が、隠されていたのである。

巨万の富を得ていたローウィが、スーパーで消費者の話を直接聞いていたとは誰も思うまい。

天才が、影で地道な努力をしていたのだ。

わたせせいぞうの行動が、ローウィに重なる気がしていたのだ。

?

わたせせいぞうは、早稲田大学法学部を卒業後、損保のサラリーマンとして抜群の成績を残しながらも、週末には週刊モーニングに連載する「ハートカクテル」を描いていた。

営業マンとして数値目標を立て、チームプレーで目標を達成していく。

月曜日から金曜日までは損保の営業の仕事に専念。

会社の許可をもらって、土日は創作活動に集中。

そして、課長にも昇進。部下にめぐまれ、営業成績も良かったという。

そんなことができるのかとにわかには信じがたいが、わたせせいぞうならできたのだろう。

人と穏やかに交渉しながら、人をファンにし、そしてファンの心を掴んで行くわたせせいぞうは、

ポール・スミス(Sir Paul Smith)にも通ずる。

ポール・スミスも月曜から木曜までは従来通りあらゆる仕事をこなし、金曜と土曜は自分のショップで商品を売っていたのだ。

まだ資金力の無かったポール・スミスは、以前働いていたテーラーの主人に1万ポンドを借り、銀行からも5千ポンドを借りたが、まだまだ足りない。

そこで再度オーナーにかけあい、現在集まっている資金額をありのまま話し、どうしても購入したいのだと訴えた。オーナーはその熱意に負け、売り値を25千ポンドにダウンした上、不足分の1万ポンドをオーナー自身が貸してくれたのだ。

ポール・スミス展  HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH

       https://art-news-jp.jimdo.com/2016/07/01/ポール-スミス展-hello-my-name-is-paul-smith/

https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2016-07-01

 「自分が編集者の立場だったら、人間性のいい人に頼みたい。

 人間性を磨くことはとても大切なことだ。」とわたせせいぞうは言う。

 わたせせいぞうは、自身が教鞭をとる大学の学生にいう。

 「営業しろ。」

 才能と社会性のバランスが大変優れた人物なのだと筆者は考える。

 

DSC_0173 (2)s.jpg

 

DSC_0180s.jpg

 過去にインタビューを受けたものと同じような質問はしたくなかったので、予め下調べをして赴いた。

 楽屋に招き入れていただいた。

 有名人のかたは、名刺を持たないかたが多く、名刺交換より早くインタビューを始めるようせかされることが多い。

 わたせせいぞうもそうだと筆者は勝手に思い、名刺はポケットに入れたまま、おそるおそる挨拶した。

 すると、わたせせいぞうは、自ら名刺ケースを出し始めた。

 筆者から先にアクションすべきなのに、出遅れた!

何という失態だ。

 新入社員のように固くなってしまったが、わたせせいぞうは、優しく笑顔で挨拶してくれた。

 筆者のインタビューに答えてくれたのは、以下のとおり。

 実際は、柔らかな話しかただったのだが、文体一致のため、ご理解いただきたい。

  「画家で好きなのは、ゴッホ。あの色合いに魅かれる。実際、レンタカーでアルルの跳ね橋まで行ったこともある。日本が好きだったことも大きい。タンギー爺さんの背景に描かれている浮世絵には、感動を覚える。」

 

☆参考画像および記事(所蔵のロダン美術館には、使用許可を取得済)

Pere_Tanguy.JPG

タンギー爺さん(仏: Le Pere Tanguy) フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホ(Vincent Willem van Gog

 

◯手の痕跡  国立西洋美術館所蔵作品を中心としたロダンとブールデルの彫刻と素描

       https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2013-01-21-1

 

 筆者:わたせせいぞうの色の変わり目に実線が引かれるリーニュ・クレール様式は浮世絵に通ずるものではないか。

「もちろん、意識している。当時のヨーロッパの人は、浮世絵を見てカルチャーショックを受けただろうね。」

 筆者:「絵の中に登場する車は、スチュードベイカー?カルマン・ギア? それともフォード?」

 「車は大好き。特に60年から70年代の車が。フロントグラスが丸く柔らかい、アールを利かせたものが好き。」

 筆者:Streamed Lineとは違うか。

Streamed Lineとは違う、アール。

ドイツ、イタリア、フランス車も好き。

今の車は、挑戦的で好きじゃない。コンピュータで作られていないものがいい。

オーストリア人建築家・フンデルトヴァッサー(Friedensreich Regentag Dunkelbunt Hundertwasser)は、 曲線を多用した独自の様式を編み出した。曲線が好き。」

 

☆参考記事   

◯大阪舞洲ゆり園    250万輪のゆり 海とゆりの競演

       https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2017-06-22

 

筆者は、2004年にたばこと塩の博物館で行なった、レイモンド・ローウィ展の図録を持ってプレゼントした。

わたせせいぞうには、地位も経済力もある。そこで、あれこれ考えたが、「お金では買えないもの」をプレゼントしたかったのだ。

時間も限られた中でのインタビューであったが、係のかたの「お時間です。」の言葉にも、「まだ、いいですよ。」と寛容だ。

今まで、筆者は、記事を読んでくれる読者のためになることを一番の目標に記事を書いて来た。

たくさんの理不尽なことや辛いことはあっても、「読者のため」と我慢して来た。

しかし、この日は、筆者自身が心底うれしかった。

心から幸せを感じられた。

DSC_0194s.jpg

 

DSC_0195s.jpg

 

DSC_0197s.jpg

 

思い返してみると、筆者がローウィの作品に魅かれ、自然に受け入れることができたのも、わたせせいぞうの絵画を見ていたからではないのか、気づいた。

わたせせいぞうが活動する六本木男性合唱団でのパートはその父と同じバリトンという。

わたせせいぞうの絵に音楽が多く登場するのも、彼の両親の教育の影響があるという。

母からは、着物について学んだという。

筆者が感じたのは、プライマリー教育の重要さとそれが及ぼす影響だ。

筆者が家を買った時、シーリングファンをまずつけたいと思った。シンガポールのラッフルズホテルに行っても、カサブランカの映画をオマージュにしたレストランに行っても別段、驚かなかったのも、わたせせいぞうの作品で見慣れていたからではないかと思った。

シカゴ美術館(Art Institute of Chicago)所蔵のエドワード・ホッパー(Edward Hopper)の『ナイトホークス』(Nighthawks)に親しみを持って鑑賞できたのもわたせせいぞうの作品の影響と考えている。

わたせせいぞうから学んだことは大きい。

小説家になりたかったというわたせせいぞう。

絵と文章力という相反する才能を併せ持ち、それが作品として実を結んでいる。

それが、わたせせいぞうの魅力だ。

以前、筆者は、「コミック作家&イラストレーターわたせせいぞう」と紹介したのだが、わたせせいぞうの画業は、もはやその範疇から大きく飛躍していると感じる。

わたせせいぞうは、オリジナルの世界観を紡ぎ出せる数少ない、現代美術作家だ。

今回の取材には、全く何の制約を受けず、何でも自由に取材させていただけた。

改めて、阪急うめだ本店と企画運営を行なう()アップルファーム 双方に心から感謝する。DSC_0109s.jpg

わたせせいぞうと株式会社アップルファーム 黒田善孝 代表取締役(左)

 

筆者が2015年に執筆した記事でも述べているが、国際的なジャーナリストの団体「国境なき記者団」が発表した「世界報道の自由度ランキング 2015」で、日本は61位だ。

そして、2019年はさらにランクを落とし、日本は67位。

G7で最下位。

海外に出ると実際、このくらいだろうと皮膚感覚で感じている。

わたせせいぞうの展覧会は、一般の来場者が自由に撮影できるところも開放されており、かつワールドクラスの報道の自由度を誇ることを付け加えておこう。

  5月20日(月)まで。お見逃しなく。

 

DSC_0158s.jpg

 

DSC_0190s.jpg

 

DSC_0192s.jpg

 

DSC_0199s.jpg

 

☆わたせせいぞうプロフィール(2018年まで)

DSC_0111s.jpg

1945 本名、渡瀬政造。神戸市に生まれる。生後まもなく北九州市小倉北区に移り住む。

     早稲田大学法学部を卒業。

1974  「ビッグコミック」の第13回ビッグコミック賞入選。

1983   代表作「ハートカクテル」の連載開始。(「週刊モーニング」にて1989年まで連載)

都会的な男女のショートストーリーが若者を中心に大人気となる。

1985   16年間のサラリーマン生活にピリオドを打ち、コミック作家としての活動に専念する。

1986   アニメーション「ハートカクテル」TV放送開始。(1988年終了)

ドラマ「ハートカクテル」TV放送。(主演:鈴木保奈美・三上博史)

1987    漫画「私立探偵フィリップ」が、第33回文藝春秋漫画賞を受賞する。

1988    NHK朝の連続テレビ小説「ノンちゃんの夢」タイトルイラスト担当。

1992   四季に彩られた日本の美しい風物の中で暮らす夫婦の愛の物語、「菜」の連載を開始。(「週刊モーニング」にて1998年まで連載)

1993    社会福祉・医療事業人材募集ポスターのイラスト作画。

1998年   ☆東京を舞台に大人の恋を繊細に描いた「東京エデン」連載開始。 

               (「週刊モーニング」にて1999年まで連載)

             ☆車をテーマにしたショートストーリーとイラストを描いた 「A Love Story Around Automobile 車にまつわる恋物語」連載開始。 (「月刊Muffin」にて2000年まで連載)

1999年   ☆人の花時は恋。色々な男女の花時を描いた「ハナドキロード(花時行)」連載開始。

 (「週刊モ―ニング」にて2002年まで連載)

             ☆東京の名所を情緒豊かに描いた「東京ランブル」連載開始。 (「週刊朝日」(朝日新聞社)にて2000年まで連載)

2000   ☆偶然から始まるミドルエイジ・ラブを描いた「しのぶれど」連載開始。 (「おとなぴあ」(ぴあ)にて2001年まで連載)

             ☆初の絵本作品「ドードーとせいちゃん」連載開始。(「ミキハウス・ラブ」(三起商行)にて2002年まで連載)

2001   ☆読者から公募したショートストーリーに色彩豊かなイラストで日常のロマンスを描く「三都つれづれ」連載開始。(「朝日新聞大阪本社ゆめ版」にて2002年まで連載)

             ☆消防庁 全国「秋の火災予防運動」ポスターイラストに使用される。

             ☆「男と女の食卓」おとなぴあにて連載開始。(「おとなぴあ」(ぴあ)にて2001年まで連載)

2002   ☆消防庁 全国「春の火災予防運動」ポスターイラストに使用される。

             ☆消防庁 全国「秋の火災予防運動」ポスターイラストに使用される。

             ☆「きみの季節」連載開始。(「季節限定ぴあ」(ぴあ)にて2004年まで連載)

             ☆「TOKYO BLUE」連載開始。(「月刊ビジネススタンダード」(ソフトバンクパブリッシング社)にて2004年まで連載)

             ☆初の常設ギャラリー「わたせせいぞうと海のギャラリー」北九州・門司港に開館。

2003   ☆消防庁 全国「春の火災予防運動」ポスターイラストに使用される。

             ☆「Heart Station」連載開始。(「月刊ブリオ」(光文社)にて2006年まで連載)

             ☆「江戸恋もよう」連載開始。(「週刊モ―ニング」(講談社)にて2004年まで連載)

             ☆NTTドコモ iモード待受総合サイト「わたせせいぞう」開始。

2004   ☆北九州市門司大里地区の土地区画整理事業で街づくりをイメージプロデュースする。わたせせいぞうがイメージプロデュースした「わたせハウス」も建設される。

             ☆NHKテレビ「食彩浪漫」に出演。

2005   ☆環境大臣感謝状授与。「環のくらし応援団」として、地球温暖化対策の推進に貢献したとして環境大臣より感謝状を授与される。

             ☆「TOKYO BLUE」単行本発売。(ソフトバンクパブリッシング発行)

             ☆「Sea Side Story」連載開始。(「ディズニーランド別冊with Minnie(講談社)にて2005年まで連載)

             ☆「The Motorcycle Letters」連載開始。(「月刊ガルル」(実業之日本社)にて2006年まで連載)

             ☆新北九州空港開港告知ポスターのイラスト作画。

2006   ☆「HEART COCKTAIL eleven」オシャレな大人の絵本発売。

             ☆「ボッチボン」連載開始。(「ボンボン」(講談社)にて2006年まで連載)

             ☆「The Motorcycle Letters」単行本発売。(実業之日本社発行)

             ☆「Sea Side Story 7つの港 11の恋」単行本発売。(講談社発行)

             ☆「Heart Station」単行本発売。(光文社発行)

2007年   Netzトヨタにて広告イラスト作画。2009年終了。

             ☆NetzトヨタHPサイトにてショートストーリー「Drive Seasons」描き下ろし。

             ☆「ボッチボン」単行本発売。(講談社発行)

             NTTドコモ iモードきせかえツール携帯サイト「大人のきせかえわたせ」サービス開始。

             ☆「菜~ふたたび~」連載開始。(「モ―ニング」(講談社)にて連載)

             ☆「千代の茶屋」連載開始。江戸の美味しい歳時記。(「コミック 乱」(リイド社)にて2008年まで連載)

2008   ☆画集「オリジナルカレンダーイラスト集 ~20年の軌跡~」出版。(アップルファーム発行)

             ☆「菜~ふたたび~」単行本第1巻発売。(講談社発行)

             ☆「菜~ふたたび~」単行本第2巻発売。(講談社発行)

2009   ☆「ハートカクテル bittersweet」単行本発売。(講談社発行)

             ☆「菜~ふたたび~」単行本第3巻発売。(講談社発行)

             ☆「北のライオン」連載開始。(「モ―ニング」(講談社)にて2013年まで連載)

             ☆東京シティ競馬広告イラスト担当。2011年終了。

2010   ☆「南の島」(原作:島田紳助)単行本発売。(講談社発行)

             ☆神奈川大学 広告イラスト担当。同大学 外国語学部 特任教授就任。(20183月迄)

2011   ☆「北のライオン」単行本第1巻発売。(講談社発行)

             ☆「サンタ サンタ サンタ」絵本発売。(竹書房発行)

             ☆「月之介狂詩曲」連載開始。お江戸のハートフルストーリー。(「コミック 乱」(リイド社)にて2016年まで連載)

2012   ☆「北のライオン」単行本第2巻発売。(講談社発行)

2013   ☆「あの頃ボクらは若かった」連載開始。(「サンデー毎日」(毎日新聞社)にて2015年まで連載)

             ☆「Dr.愛助の孤独」連載開始。(「モ―ニング」(講談社)にて2014年まで連載)

             ☆「北のライオン」単行本第3・4巻発売。(講談社発行)

2014   ☆「アンを抱きしめて 村岡花子物語」絵本発売。(NHK出版)

             ☆「Telephone」連載開始。(「モ―ニング」(講談社)にて2015年まで連載)

2015   ☆六本木男性合唱団オリジナルミュージカル「ウエスト・サイズ・ストーリー」の美術・ポスターイラスト担当。

             ☆阪急電車(神戸線)ラッピング列車のイラスト作画。201711月終了。

2016   ☆綿矢りさ氏 連載小説 「私をくいとめて」 挿絵担当。(「朝日新聞 夕刊」(朝日新聞社)にて4?12月まで連載)

             ☆環境省 動物愛マイクロチップ普及啓発リーフレットのイラスト作画。

2017   ☆綿矢りさ氏 小説 「私をくいとめて」単行本装画担当。(朝日新聞出版発行)

2018年   LINEサービス開始「ハートカクテルシリーズ スタンプ等」

             ☆「ワンダーカクテル(Wonder Cocktail)」連載開始。(ウェブ雑誌「Men's Precious(小学館)にて連載中)

             ☆「あの頃ボクらは若かった」単行本発売。(毎日新聞出版発行)

DSC_0181s.jpg 

会 期: 

2019年5月15日(水)~20日(月)

会 場:

阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー

時 間:

日曜~木曜 10:0020:00 金・土曜 10:0021:00

入場料:無料 (最終日は18:00閉場となります)

企画制作:

()アップルファーム

☆阪急うめだ本店

      http://www.hankyu-dept.co.jp

☆☆阪急うめだギャラリー

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/event/index.html

()アップルファーム

http://www.apple-farm.co.jp/

 

☆今後の予定 

☆松坂屋名古屋店「わたせせいぞうの世界展」  2019年6月5日(水)~17日(月)

☆最新刊 コミック「ハートテレフォン」2019524()発売!!

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

 

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

特別展 時宗二祖上人七百年御遠忌記念 国宝 一遍聖絵と時宗の名宝Special Exhibition Priest Shinkyō 700th Memorial Special Exhibition Art of the Ji Shū A New Sect of Buddhism in the Kamakura Period [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

特別展 時宗二祖上人七百年御遠忌記念

国宝 一遍聖絵と時宗の名宝

Special Exhibition Priest Shinkyō 700th Memorial Special Exhibition

Art of the Ji Shū A New Sect of Buddhism in the Kamakura Period

07国宝 一遍聖絵 巻6(清浄光寺・遊行寺蔵).jpg

国宝 《一遍聖絵》(巻6、部分) 円伊筆、鎌倉時代、神奈川・清浄光寺(遊行寺)蔵、

通期(巻替あり)*広報画像の場面は後期(5/146/9

 

08国宝 一遍聖絵 巻12(清浄光寺・遊行寺蔵).jpg

 国宝 《一遍聖絵》(巻12、部分) 円伊筆、鎌倉時代、神奈川・清浄光寺(遊行寺)蔵、

通期(巻替あり)*広報画像の場面は後期(5/146/9

 

時宗は、宗祖一遍(123989)が鎌倉時代に開いた宗派。踊り念仏で知られる。

 一遍は念仏をとなえることで誰もが往生をとげられると説き、全国を遊行(ゆぎょう)と呼ばれる行脚を行ない、賦算(ふさん)という「南無阿弥陀仏、決定往生六十万人」と記した念仏札を配り、布教につとめた。

この時宗を教団として整備し、大きく発展させたのが二祖の真教(しんきょう12371319)だ。

真教は、「二祖さん」と親しみを持って呼ばれている。

2019年に真教の七百年遠忌を迎えるのを記念して、時宗の名宝を一堂に会する展覧会が京都国立博物館で開催中だ。

この展覧会は、全国各地を遍歴した一遍の生涯を描いた国宝「一遍聖絵」(清浄光寺(遊行寺)蔵)をはじめ、真教の足跡もつづられた「遊行上人縁起絵」、一遍や真教ら歴代祖師の肖像画や肖像彫刻など、時宗の名宝の全貌をご紹介するもの。

☆国宝「一遍聖絵」12巻全巻を公開!

これは、日本を代表する絵巻であり、中世の歴史を語る上でも大変重要な作品だが、まだまだ謎が多い作品だ。

一遍十回忌にあたる正安元年(1299)に完成したとみられ、六条道場歓喜光寺の開山であり、一遍の近親・高弟とされる聖戒が詞書を撰述し、謎の絵師・円伊によって描かれた、とされる。

各地の風景や人々の姿が細密に、そして情趣豊かに描き出されており、日本美術史上“ONE & ONLY”の最高傑作の作品という。

まず、絹に描かれていることが珍しい。紙ではなく絹に描くことで裏からも色を塗ることができ、微妙なニュアンスを表現できる。

そして、大和絵と中国の水墨画である漢画を融合させた画法で描かれていることも大きな特徴。

山肌や岩肌を筆のかすれを駆使し、グラデーションを表現。

花や人物は鮮やかに描き出し、そのコントラストが絶妙だ。

40cmくらいの巻物なので、人物は約1cm。

それらが大変緻密に描かれている。

描かれた富士山は、大迫力。そのスケール感も魅力だ。

円伊は研究者によっても意見が分かれ、まだまだ解明できていない絵師だ。

以上、 井並 林太郎 京都国立博物館 研究員の説明を筆者なりにまとめた。

また、淺湫 毅(あさぬま たけし)京都国立博物館 連携協力室長は、開祖 一遍と二祖の真教を大変わかりやすい例えで教えてくれた。

高校野球で例えると、一遍は、一年生スーパースター投手。

二祖の真教は、弟子だが一遍より2つ年上。

スーパースター選手を支える温厚な3年生キャッチャー。

実際、宗派として整えたのは、一遍の死後、自然解散した時宗を再編成し興したのが二祖の真教なのだ。

 

09-1重文 真教上人坐像(蓮台寺蔵).jpg

     重要文化財 《真教上人坐像》 鎌倉時代、神奈川・蓮台寺蔵、通期




01重文 阿弥陀如来立像(知恩院蔵).jpg 

重要文化財 《阿弥陀如来立像》 平安~鎌倉時代、京都・知恩院蔵、通期 



03重文 遊行上人縁起絵(真光寺蔵).jpg

重要文化財 《遊行上人縁起絵》(巻7、部分)  鎌倉時代、兵庫・真光寺蔵、後期(5/146/9

 

 

さて、歌舞伎の演目の「連獅子」と時宗について。

「連獅子」は、

前シテは手獅子を持った狂言師 (能師)

後ジテは本行どおりの親子獅子になり、勇壮に毛を振る。

親子の情愛をテーマにし、実際の親子の演者によって踊られることが多い、歌舞伎の真骨頂ともいえる有名な演目だ。

前ジテが終わり、後ジテに突入する前に 間狂言(あいきょうげん)、 二人の僧のよる『宗論』(しゅうろん)が行われる。

雄壮な獅子の舞に注目が集まりがちだが、今回はこの間狂言について考えてみよう。

身延山へ参詣した法華僧(日門)と善光寺へ参詣した浄土僧 (専念) が道連れになり、互いにわが仏が尊いのだと争う。

どちらも珍妙な法文を説き、なかなか相手を説得できない。

二人は読経をし、ついには踊り念仏・踊り題目でせりあう。

法華宗の僧が団扇太鼓を叩いてお題目「南無妙法蓮華経」を、浄土宗の僧が叩き鉦(かね)を打って念仏「南無阿弥陀仏」を繰り返し唱える

が、二人はそれぞれ自分の宗派のお経とは違う「南無阿弥陀仏」と「南無妙法蓮華経」を取り違えてしまう。

団扇太鼓や叩き鉦打ち鳴らす大変愉快な演目だ。

そして結局、法華も浄土も釈迦の教えにへだてはないと悟る。

宗旨争いの愚かしさを滑稽に描き,人間すべてに普遍的な我執と偏見を風刺した狂言がもとになっている。

この時のセリフが、「一遍上人より賜ったる有難い鐘の功力を持って獅子を退散致そうとして存ずる~」なのだ。

浄土宗の僧という設定なのだが、一遍は若い頃、浄土教を学んでいる。

時宗が宗として正式に成立したのは江戸幕府の政策による。

歌舞伎が発展した江戸時代には、踊り念仏は大変流行しており、それを歌舞伎として取り入れたのではないかと筆者は考える。

 

12-01国宝 洛中洛外図屏風(舟木本)右隻(東博蔵).jpg

国宝 《洛中洛外図屏風(舟木本)》右隻 岩佐又兵衛筆、江戸時代、東京国立博物館蔵、5/286/9

 

13重文 阿弥陀如来立像(阿弥陀寺蔵、大津市歴史博物館).jpg

 重要文化財 《阿弥陀如来立像》 鎌倉時代、滋賀・阿弥陀寺蔵、通期、写真:大津市歴史博物館

 

☆新発見!  展覧会の事前調査において

《銅造阿弥陀三尊像》

《木造阿弥陀三尊像》

《毘沙門天立像》の文化財3件。

 滋賀県の名刹・浄信寺の蔵から見つかった《銅造阿弥陀三尊像》は、《洛中洛外図》にも描かれる御影堂新善光寺の本尊であると予想される。

《木造阿弥陀三尊像》(京都・聞名寺蔵)は快慶の一番弟子・行快の作品。

寡作で知られる行快の貴重な作例だ。

そして、鎌倉時代に一流仏師の力量を感じさせる京都・極楽寺秘蔵の《毘沙門天立像》は、今回が特別出品。

像内から造像当初の納入品3種が発見された。

長澤 昌幸 大正大学専任講師は、時宗発祥の地である七条道場は、今、駐車場になっている、と教えてくれた。

ちなみに時宗では、寺院のことを「道場」と呼ぶ。修業の場ということからだ。

筆者は、その軌跡を探りに訪れた。

京都駅からほど近い七条跡。七条通と洞院のあたり。周りを探ってみたが、石碑など何もない。

さらに東には、仏像の制作を行なう仏所(ぶっしょ)跡が南北の小さな道路を挟んで存在している。

これは、運慶の流れをくむ慶派の七条仏所 跡なのだ。

名前は聞くが、実際に訪れたことがなかったので大変勉強になった。

 

DSCN0543.jpg

                                        撮影  浦 典子 

 

DSCN0547.jpg

 

DSCN0550.jpg

 

DSCN0552.jpg

 

六条道場跡は渉成園の北隣に位置し、石碑として残っている。京都六条河原の源融の旧邸跡に建立された歓喜光寺。

歓喜光寺は現在、山科に移転している。

これは、筆者が河原町方面に行く際、見つけた。

 

DSCN0559.jpg

また、四条道場は、牧野 純山 長楽寺住職 にお聞きしたところ、教えて下さった。

新京極の塔頭の染殿院(染殿地蔵院、染殿地蔵、そめどのさん)のところをお聞きした。

近くまで行き、河原町通りの交番で聞くが、四条道場と言ってもわからない。染殿院と言うと警察官が調べてくれ、連れて行ってくれるという。

何と交番に隣接しており、交番を左に見ながら新京極の商店街の中に5mほど行ったところに、「時宗開祖一遍上人念仏賦算遺跡」の石碑がある。

京都の警察官は親切だ。

 

DSCN0563.jpg

 

DSCN0564.jpg

 

DSCN0565.jpg

 

DSCN0566.jpg

 

04重文 真教上人書状(長楽寺蔵).jpg

重要文化財 《真教上人書状》 鎌倉時代、京都・長楽寺蔵、後期(5/146/9

 

☆【特別公開】奉祝 天皇陛下御即位「春期京都非公開文化財特別公開」開催の一環として、

平成洛陽三十三所観音霊場のひとつ、長楽寺では、6/16まで秘仏 准胝観音をご開帳。

本尊の准胝観音は天皇即位時にしか開帳されない「勅封・厳秘」の本尊であり、玉躰護持と皇室安寧祈祷の本尊。

住職ですら、開帳は許されないという秘宝だ。

☆公益財団法人京都古文化保存協会ホームページ

    http://www.kobunka.com/

☆長楽寺ホームページ

    http://www.age.ne.jp/x/chouraku/

展覧会の鑑賞に併せて、ぜひ訪れることをお勧めする。

他地域の博物館や美術館ではなく、京都国立博物館で開催されているからこそ、その帰りにでもゆかりの地を訪れることができる。

まるでタイムスリップしたかのように京のこの地に活躍した時宗の足跡をたどることができるのだ。

展覧会を鑑賞したら、その今を探ってみる。

こんな鑑賞のしかたを提案したい。

ぜひ、お見逃しなく。

11重美 薄鶉蒔絵文台(金蓮寺蔵).jpg

        重要美術品 《薄鶉蒔絵文台》 室町時代、京都・金蓮寺蔵、通期

 

☆構成

 1章 浄土教から時宗へ

   2章 時宗の教え 一遍から真教へ

   3章 国宝 一遍聖絵の世界

   4章 歴代上人と遊行 時宗の広まり

   5章 時宗の道場とその名宝

会期

2019413日(土)~ 69日(日)

 前期:2019413日(土)~ 512日(日)

 後期:2019514日(火)~ 69日(日)

 ※会期中、一部の作品は上記以外にも展示替あり。

会場

京都国立博物館 平成知新館

交通

JR、近鉄、京都駅下車、京都駅前D1のりばから市バス100号、D2のりばから市バス206208号系統にて博物館・三十三間堂前下車、徒歩すぐ

休館日

月曜日 

開館時間              

火~木・日曜日 9301800(入館は1730まで)

金・土曜日 9302000(入館は1930まで)

観覧料

一般 1,500円(1,300円)

 大学生 1,200円(1,000円)

 高校生 900円(700円)

 中学生以下無料

 *( )内は団体20名以上。

  *障がい者の方とその介護者(1名)は、障がい者手帳などのご提示で無料。

 *キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証をご提示いただくと、各種通常料金より500円引き。

 

主催       京都国立博物館、朝日新聞社、時宗、時宗総本山清浄光寺(遊行寺)

協賛       京阪ホールディングス、竹中工務店

協力       公益財団法人仏教美術研究上野記念財団、日本香堂、楽浪文化財修理所

☆京都国立博物館サイト

https://www.kyohaku.go.jp/jp

☆ワークショップ

特別展「国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」関連ワークショップ

一遍さんを探そう!~さわって楽しむ絵巻物~

絵巻を実際に手に取りながら鑑賞するワークショップ。

「一遍聖絵」の詞書と絵が分かれて所蔵されている部分のうち、京都を舞台とする巻七の第2段と第3段をオリジナルの姿に再現した特別な複製絵巻をご用意。

日時

    特別展「国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」会期中

    10301600 参加受付は1530まで

所要時間

    15分程度

定員

    1日先着300

参加費

    無料(ただし「国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」展の当日の観覧券が必要)

開催場所

    京都国立博物館 平成知新館2F

    レファレンスコーナー

案内

    京博ナビゲーター

対象

    子どもから大人までどなたでも参加可。

☆記念講演会

518日(土)

「時宗のみほとけ─阿弥陀と祖師像を中心に─」

 講師:淺湫 毅(京都国立博物館 連携協力室長)

525日(土)

「一遍聖絵に見る聖性と熊野信仰」

 講師:遠山 元浩 氏(遊行寺宝物館長)

【時間】13301500

【会場】平成知新館 講堂

【定員】200

【料金】無料(ただし「国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」展の当日の観覧券が必要)

【参加方法】1200より、平成知新館1Fグランドロビーにて整理券を配布。

定員になり次第、配布を終了。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2019 KYOTOGRAPHIE International Photography Festival 2019 [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

KYOTOGRAPHIE

京都国際写真祭2019

KYOTOGRAPHIE International Photography Festival 2019

DSC_0267s.jpg

 

 

                                                                                      撮影  浦 典子

 

   KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」は、世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭だ。

今年で7回目を迎え、京都の春の「風物詩」といえる存在になって来た。

6 回までに約 56 万人の来場者を誇る。

DSC_0201s.jpg

今までのKYOTOGRAPHIE京都国際写真祭については以下などで記しているので参照されたし。

ブログのみのURLを示しておく。

   http://artnews.blog.so-net.ne.jp/2015-05-04-1

   https://art-news-jp.jimdo.com/2016/04/26/kyotographie-京都国際写真祭/

   http://artnews.blog.so-net.ne.jp/2016-04-27

   http://artnews.blog.so-net.ne.jp/2017-04-21

   http://artnews.blog.so-net.ne.jp/2017-05-13

       https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2018-04-15

 

2019年のテーマは、「VIBE」。

VIBE ─ 私たちの感覚を研ぎ澄まし、自身の中に眠る何かを揺るがし覚醒させるもの。誰かに出会ったとき、作品と出会ったとき、ある出来事と対峙したとき、目に映らず、形を持たずとも、私たちの全身全霊にほとばしるもの。そしてもたらされる喜びも葛藤も絶望ですらも、私たちを新たな世界へと導くもの。そんな目に見えないものが繋がるときに生まれる共振や共鳴を伝えたい。」

と願いこのテーマを決めたという。

京都の歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展示されているのもこの写真祭の特徴だ。

会場を訪ねるうちに知らなかった趣きのある建築物に巡り合えるのも、うれしい驚きのひとつだ。

通常非公開の町家や寺院、指定文化財等を含む場所にて展覧会が開催される。

DSC_0146s.jpg

 

DSC_0138s.jpg

 

DSC_0141s.jpg

 

DSC_0148d.jpg

また、アソシエイテッド・プログラムとして展覧会や関連イベントなど、様々なプログラムも充実。

写真祭を通じ京都の街の新たな魅力に触れて欲しいという思いからの選定だ。

 日本および海外の重要作家や貴重な写真コレクションを、京都という趣のある歴史的建造物やモダンな近現代建築の多い空間に展示するという、町を挙げての画期的なフェスティバルだ。

また、京都が一年でもっとも美しいこの春の季節に、約4週間にわたって開催されているKYOTOGRAPHIEは、ひとつの表現媒体であり、芸術的手法である「写真」への理解を深め、その可能性を伝えることを目的としている。

 このKYOTOGRAPHIEでは数々の教育プログラムを実施し、子供から大人、アマチュアからプロ写真家まで、写真を通して、芸術や建築、歴史文化などの関連分野にも造詣を深めていけるよう取り組みもなされている。

KYOTOGRAPHIE は、新たな試みに挑戦する企業からの支援を受けて、年々目まぐるしく飛躍的な成長を遂げている。

今年も企業からの支援及びコラボレーションの実現により、さまざまな方々が楽しめる多角的なプログラムが好評だ。

毎年、新たな会場が加わり、写真展を楽しみながら、知らなかった京都を発見できるのがありがたい。

ぜひ、お見逃しなく。

☆プログラム

      1. イズマイル・バリー | Ismaïl Bahri(フランス・チュニジア)

2.ヴェロニカ・ゲンシツカ | Weronika Gęsicka(ポーランド)

      3.金氏徹平 | Teppei Kaneuji(日本)

      4.顧 剣亨 | Kenryou Gu(中国)

5. ベンジャミン・ミルピエ | Benjamin Millepied (フランス) supported by Zadig & Voltaire

6. Magnum Live Lab in Kyoto presented by FUJIFILM

a. 岡原功祐 | Kosuke Okahara (日本)

b. パオロ・ペレグリン | Paolo Pellegrin (イタリア)

7. Pierre Sernet & SHUNGA presented by CHANEL NEXUS HALL

       a. ピエール・セルネ | Pierre Sernet(フランス)

       b. 春画 | SHUNGA (日本)

8. アルバート・ワトソン | Albert Watson(アメリカ・スコットランド) presented by BMW

9. Cuba through the Art and Life of Three Photographers

a. アルベルト・コルダ  | Alberto Korda(キューバ)

b.ルネ・ペーニャ|René Peña(キューバ)

           c.アレハンドロ・ゴンサレス | Alejandro González (キューバ)

10. ルイナール展 | Ruinart Exhibition(フランス) presented by Ruinart

 

※全てのプログラム内容・展覧会名・会場・スポンサーの情報は 予告なく変更になる可能性あり。

☆サテライトイベント 「KG+(ケージープラス)」

 市内約60箇所での写真展が集結。

国内外から写真・アート関係者が多く来京するこの時期にあわせ市内 各所のギャラリー、カフェ、教育施設など約60カ所が同時多発的に 開催する写真展。

最優秀出展者に与えられるKGAWARDは、若手 写真家の登竜門となるべく海外からも注目される賞となりつつあり、 次年度のKYOTOGRAPHIEへの参加など、次代を担うアーティストへ 継続的な支援を行なう。

DSC_0012s.jpg

 

DSC_0017s.jpg

 

DSC_0002s.jpg

 

DSC_0013s.jpg

☆会期

2019 413 () ‒ 512()

主催:一般社団法人KYOTOGRAPHIE

共催:京都市、京都市教育委員会

KYOTOGRAPHIE URL

   https://www.kyotographie.jp/

メインスポンサー:ビー・エム・ダブリュー株式会社 

特別協賛:富士フィルム株式会社

プレミアムスポンサー:シャネル合同会社

協賛:ルイナール(MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社)、株式 会社マツシマホールディングス、ザディグ エ ヴォルテール、ハース ト婦人画報社、他

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

URLが表示できない時の処置

URLをクリックしてもサイトが表示できない時は、ctrlキーを押しながらCを押してコピーをし、URLバーに貼り付けて下さいませ。

お手数を取らせますが、 どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

シルバニアファミリー展 Sylvanian Families~ 誕生から現在にいたるまで森の仲間たちの素敵な物語~ [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

シルバニアファミリー展

Sylvanian Families

~誕生から現在にいたるまで森の仲間たちの素敵な物語~

DSC_0111s.jpg[コピーライト] EPOCH

             撮影  浦 典子

?

1985年、エポック社から発売されたおもちゃの「シルバニアファミリー」。

9種類の動物の家族、1つのお家と11種類の家具というシリーズで誕生し、手のひらサイズのかわいいお人形や本物志向のお家、こだわりの家具は子どものみならず大人をも取り込み、社会現象にもなった。

1958年、第一号商品「野球盤」の開発・発売を行なったエポック社は、1985年、「シルバニアファミリー」で通産大臣賞受賞している。

そのシルバニアファミリー史上最大規模の展覧会が阪急うめだギャラリーにおいて好評開催中だ。

33年を経た今、60の国と地域で親しまれているロングセラー玩具となり、世界累計販売数は人形で15,000万体以上にものぼるという。

DSC_0073s.jpg

人形をはじめ、お家や家具など国内で販売された約1,000点以上を一堂に公開。

また、30年以上つづく「シルバニア通信」など、貴重な資料も公開。

さらに、シルバニア村を再現した大型ジオラマの他、日本ドールハウス協会やドールハウス作家、 学生とのコラボ作品なども展示。

DSC_0078s.jpg

 

DSC_0090s.jpg

“篠原ともえ×シルバニアファミリー”特別展示。

シルバニアファミリー初めてのモノトーンスタイルとマリンスタイルのファッションコレクションを展示。

 

DSC_0096s.jpg

 

 

筆者は、幼い頃、ヨーロッパのドールハウスを買ってもらった。これは、高価で貴重なものだから鑑賞用と応接間に飾られていた。

自然とあまり触らなくなり、中に自分が入り込んだつもりの空想をして楽しんでいた。

しかし、「シルバニアファミリー」は、気軽に触ったり、人形遊びをしたりできる品だ。

筆者が家庭教師をしていた教え子の家には、「シルバニアファミリー」の大きなハウスと人形がたくさんあり、休憩時間には教え子の一番小さな妹と筆者は一緒に遊んだりしていた。

動物を思いやる心の優しい子に育っていてくれていた。

そんな思い出が走馬灯のように思い出された。

「シルバニアファミリー」は、優しい心をはぐくみ、想像力を豊かにする。

また、「シルバニアファミリー」を使用したアートも盛んになりつつある。

手のひらサイズの「シルバニアファミリー」は、日本生まれ。

小さな人形だが、今では世界各国で愛される、真の日本文化の「大使」だ。

この展覧会には、撮影可の場所があるので、ぜひカメラで撮影することをお勧めする。

奇しくも平成から令和にかけて開催される展覧会。

時代をまたぐ記念の展覧会だ。

DSC_0097s.jpg

☆構成

① 歴代のシルバニアファミリー商品の展示

人形をはじめ、お家や家具など、国内外で販売された1,000種類以上を一堂に展示。

② 新作のコラボレーション作品の特別展示

日本ドールハウス協会やドールハウス作家さんも参加し、本展のための新作ドールハウスを公開。学生たちによるドレスコンテストや、映像や絵画のコラボ作品も発表。

③ シルバニア村を再現した大型ジオラマ

いろいろな角度から細部をじっくりと楽しめる、2.7m×3.6mの大型ジオラマが登場!

④「シルバニアファミリー展」限定/先行商品の販売 

展示会限定人形として、オリジナルのお洋服を着たショコラウサギファミリーとカップルのお人形セットが発売。

 

DSC_0108s.jpg

 関西初!シルバニアファミリー史上最大規模の展覧会との期間限定コラボカフェ阪急うめだ本店にて413日(土)から56日(月)まで、阪急うめだ本店4FCHEER?S CAFE&DINING」にて、「シルバニアファミリー」との期間限定コラボカフェ「シルバニアファミリー展コラボカフェ」がオープン開催。

シルバニアファミリー」の中でも1番の人気者であるショコラウサギファミリーを中心としたコラボメニューは、全8種類。

レストランシェフであるショコラウサギのお父さんが作る「ショコラウサギのお父さんの森のクロワッサンサンド」や、マシュマロネズミのピザ屋さんで焼いた「マシュマロネズミのピザ屋さんで作ったハーフ&ハーフピザ」の他、「ショコラウサギちゃんのお祝いケーキ」などシルバニア村の楽しいメニューが。

cafe.jpg

 

ショコラウサギちゃんのお祝いケーキ.jpg

2019年(平成31年)424日(水)~(令和 元年)56日(月・祝)

阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー

日~木曜日=10:00~20:00

金・土曜日=10:00~21:00

※閉場30分前までにご入場のこと。

※催し最終日は午後6時閉場

入場料:大人800円、大学、高校、中学生600円、小学生以下無料

阪急お得意様カード、ペルソナカード、エメラルドSTACIAカードのご呈示でご本人様に限り、入場料から100円割引

☆阪急うめだ本店

      http://www.hankyu-dept.co.jp

☆☆阪急うめだギャラリー

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/event/index.html

☆公式サイト

      https://www.sylvanianfamilies.com/ja-jp/special/event/190115_sften/

      https://www.sylvanianfamilies.com/

 

☆読者プレゼント 

   1020名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

    締切:UPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

会期が短いため、速達などでお届けには最善を尽くします。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

※画像および記事の無断転載禁止

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

パリ凱旋・傘寿記念 与勇輝展 創作人形の軌跡 [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

パリ凱旋・傘寿記念 

与勇輝展 創作人形の軌跡


たま(2015) 撮影:南 髙正.jpg

     たま(2015) 撮影:南 髙正 [コピーライト] atae-yuki.com

 

1965年から、マネキン会社に勤める傍ら、創作人形を創り始めた与勇輝。

傘寿を迎えた与勇輝は、2018年にパリ日本文化会館において “EXPOSITION ATAE YUKI  Scenes de la vie japonaise en sculptures de tissu 開催した。

https://www.mcjp.fr/fr/la-mcjp/actualites/atae-yuki

そのパリ展の帰国記念の展覧会が、大阪髙島屋で好評開催中だ。

与勇輝に関しては、以下などで記しているので参照されたし。

☆昭和・メモリアル 与 勇輝 展 

   https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2011-08-15

   https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2011-09-19

日本文化館では、先日、Foujita「藤田嗣治:生涯の作品(1886-1968)」展が行なわれていたばかり。

日本文化の欧州における発信基地として、フランスだけでなく広くヨーロッパからの訪問者が絶えない。

筆者が、パリに取材に行った際もベルギーから展覧会を鑑賞に来ている人にも会ったことがある。

☆パリ日本文化会館

https://www.mcjp.fr/

DSC_0001s.jpg

 

                          日本文化館 撮影  浦 典子

           

 

 

シンデレラやピーターパンなど海外の物語を題材にした初期作品から、「置屋のみね(1985年)」「おやつ(1994年)」など日本の郷愁をテーマにした代表作、「今」を生きるこどもたちへの賛歌としての作品など新作70点を含む約150点を一堂に展観。

灰かぶり(1970).jpg

                                      灰かぶり(1970

 

  ニューズウィーク日本版(20071017日号)で「世界が尊敬する日本人100」に選ばれ、2008年には「卓越した技能者=現代の名工」として厚生労働大臣表彰を受賞した与勇輝。

半世紀にわたり人形を創作し続けてきた与 勇輝の軌跡をたどる展覧会。

お見逃しなく。

おやつ(1994).jpg

                            おやつ(1994

 

戯れ(2015).jpg

                      戯れ(2015

 

埴生の宿(2015).jpg

                  埴生の宿(2015

 

☆与勇輝 プロフィール

与勇輝.jpg

1937

  川崎市中原区に生まれる

1965

  マネキン会社に勤める傍ら、創作人形を創り始める

1999

   「鉄道員(ぽっぽや)」(東映映画、高倉健 主演)『雪子』制作

2001

  「神様のかくれんぼ 与勇輝展」(松屋銀座ほか6会場で開催)

2006

  「EXPOSITION ATAE YUKI」(パリ・バカラ美術館)

   「パリ・バカラ美術館開催記念展 与勇輝人形芸術の世界」(松屋銀座ほか22会場で開催)

2007

  川崎市市民文化大使(~現在)

2008

   「卓越した技能者(現代の名工)」厚労大臣表彰、川崎市文化賞受賞

2010

   「昭和・メモリアル 与勇輝展」(松屋銀座ほか15会場で開催)

2018

  「EXPOSITION ATAE YUKI」(パリ日本文化会館)

 

☆与勇輝 公式ホームページ

    https://atae-yuki.com/

会期

2019424日(水)~56日(月・休)休館日

なし

開館時間

10:00~20:00

426日(金)、27日(土)、53日(金)、4日(土)午後830分閉場

※最終日56日(月・休)は、午後5時閉場*入場は閉場の30分前まで

会場

大阪髙島屋 7階グランドホール

(〒542-8510大阪市中央区難波5丁目15号)

https://www.takashimaya.co.jp/osaka/access/index.html

入場料(税込) 

一般800円(600円) 大学・高校生600円(400円)中学生以下無料  ※(  )内は団体10名様以上の割引料金

※「障がい者手帳」をご提示いただいたご本人様、ならびに、ご同伴者1名様まで入場は無料

主催

与 勇輝展実行委員会

協力

河口湖ミューズ館・与 勇輝館 、ABCテレビ

企画

彩鳳堂画廊

 

☆読者プレゼント 

   1020名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

    締切:UPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

会期が短いため、速達などでお届けには最善を尽くします。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

?※画像および記事の無断転載禁止

 

☆巡回予定

松山展

会期:201973日(水)~715日(月)

会場:いよてつ髙島屋(愛媛県松山市)

名古屋展

会期:2019814日(水)~826日(月)

会場:ジェイアール名古屋タカシマヤ(愛知県名古屋市)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

世界遺産登録25周年記念  京都・二条城 桜まつり2019 [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

世界遺産登録25周年記念 

京都・二条城 桜まつり2019

 

main.png

2019321日(木・祝)〜414日(日)まで、『二条城×ネイキッド 世界遺産登録25周年記念 二条城桜まつり2019』(主催:京都市)が、世界遺産、京都・元離宮二条城で開催中だ。

400年以上の歴史を持つ二条城。

城内には、早咲きから遅咲きまで、50品種、300本の桜があり、期間を通して、桜を楽しめる。

☆桜の主な種類と見ごろ

    カンヒザクラ    場所        東南隅櫓、北大手門

    ソメイヨシノ     場所        清流園

    シダレザクラ    場所        清流園・本丸西橋

    ケイオウザクラ  場所        清流園

    ヤマザクラ      場所        清流園・城内各所

    サトザクラ      場所         桜の園・清流園  など

桜の園では、「桜の小みち」が新登場!

サトザクラに囲まれ、絶好のフォトスポットだ。

夜間観覧(ライトアップ) は、昨年、一昨年と2年連続で好評だった唐門でのプロジェクションマッピング演出に加え、

菜の花のイルミネーションや、3/29()からの期間限定でオープンする「ネイキッド 桜の通り道」での桜とデジタルを融合させた演出など、過去最大に演出エリアを拡張。

1.唐門のプロジェクションマッピングショー

一昨年は「鶴」、昨年は「龍」と、唐門に彫り込まれた生き物に桜の精霊が宿り、来城者を春の宴に誘うプロジェクションマッピングショー。

本年は「青い蝶」が唐門から飛び立ち、金色に変化して舞い上がりながら城内に春を運んでくる演出。

 

sub2s.jpg

                          重要文化財 唐門 プロジェクションマッピング

 

2.桜の小みちと菜の花イルミネーション

サトザクラが咲き誇る「桜の園」を通り抜ける桜の小みちの演出を、本年が初実施。

 

 

 

                                 以下画像 撮影 浦 典子

DSC_0168s.jpg

 

 

小みちを抜けた先にはフォトスポットとして写真を撮って楽しめる、菜の花を模したイルミネーションも登場。

 

DSC_0217s.jpg

夜間観覧時の観覧エリア限定は、梅林から旧二条城石垣にかけてのゾーン。

この2年の間、夜間は解放されていなかった場所で、今回、初めて夜間開放されている。

しかも、しだれ桜が美しいので、絶対見逃したくないポイントなのだ。

 

3.清流園のライトアップ

清流園では立命館大学とコラボレーションし、スマートフォンの光を当てると照明が動き出す演出や、ベンチに座ると目の前の桜の木々が光るなど、複数のセンサーを活用し来城者の動きによって光が変化する、桜の体験型ライトアップ演出が。

 

4.ネイキッド 桜の通り道

城内の南中仕切門から西橋付近では、満開の枝垂桜のライトアップや、映像で映し出す桜の花びらの上を歩いて楽しむ通り道、プロジェクションマッピングによって大きな本のページをめくるようにストーリーが展開するネイキッドのアート「BIG BOOK」など、特別有料ゾーンが期間限定で登場。

DSC_0189s.jpg  DSC_0212s.jpg

さらに花王 フレアフレグランスとの特別コラボレーションとして、同商品新CMにて使用したプロジェクションマッピングを一部用いた演出。

また華道家元池坊とのコラボレーション作品や、田楽法師たちが場内を練り歩く「大田楽」などの文化イベントも数多く実施。

「日本の真の美」を再認識し、また、体感できる絶好の機会だ。

お見逃しなく。

開催時期  : 2019321日(木・祝)〜414日(日)

開催時間  : 昼 8:4517:00(最終受付 16:00)、夜 18:0021:30(最終受付 21:00

入城料金  :大人 600円、中学・高校生 350円、小学生200 (税込)

      (平成3141日から,通常観覧時の二の丸御殿観覧料は必要。)

      ※ 夜間観覧時は、観覧エリア限定。

      ※ 通常観覧と夜間観覧は入替制。

      ※ 和装で御来城の方は,入城料及び夜間観覧料が無料。

     特別有料ゾーン料金:300(税込、小学生以上)(期間:2019329日(金)~414日(日))

      ※ 受付は18:0021:10

開催場所 :元離宮二条城(住所:中京区二条通堀川西入二条城町541

主催    :京都市

協賛    :公益社団法人京都市観光協会、一般財団法人 京都市都市整備公社、()ワン・ワールド、株式会社 大丸松坂屋百貨店 大丸京都店、花王 フレアフレグランス

協力     : 西日本旅客鉄道株式会社、東海旅客鉄道株式会社、阪急電鉄株式会社、京阪ホールディングス()、京福電気鉄道()、近畿日本鉄道株式会社、 阪神高速道路()、西日本高速道路() 後援 : 京都商工会議所、京都新聞、NHK京都放送局、KBS京都、エフエム京都

総合演出  :NAKED Inc.(ディレクター:山王堂史恵、テクニカルディレクター:潟中直人/小野航平、空間デザイナー:佐藤聖、サウンドディレクター:堤聖志、グラフィックデザイナー:小山田繭子)

お問い合わせ:京都市文化市民局元離宮二条城事務所

Tel075-841-00968451700

☆元離宮二条城

http://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/

☆ネイキッド

https://flowers.naked.works/

企画・演出・制作:NAKED Inc.

※画像および記事の無断転載禁止

413日からは以下のイベントも開催。

☆コンコルソ・デレガンツァ京都2019

   https://concorsodeleganzakyoto.com/

KYOTOGRAPHIE (イズマイル・バリー)

   https://www.kyotographie.jp/

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

サラ・ベルナールの世界展 THE WORLD OF SARAH BERNHARDT [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

サラ・ベルナールの世界展

THE WORLD OF Sarah Bernhardt

パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華

                [コピーライト] 2018 『サラ・ベルナールの世界展』実行委員会 All Right Reserved.

img_01.jpg

 

 

ジスモンダ.png

 

アルフォンス・ミュシャ 《ジスモンダ》 1895年 リトグラフ・紙

堺 アルフォンス・ミュシャ館蔵(大阪府堺市)


“ベル・エポック” (美しき時代)と呼ばれる19世紀末から20世紀はじめの華やかなパリで、その象徴ともいえるフランスの大女優、サラ・ベルナール(Sarah Bernhardt 1844-1923)。


サラ・ベルナールの華やかな世界を様々な側面からなどを探る展覧会が阪急うめだギャラリーにおいて好評開催中だ。

W.&D. ダウニー 《街着姿のサラ・ベルナール》 .png

 W.&D. ダウニー 《街着姿のサラ・ベルナール》 1902年 写真 個人蔵


サラ・ベルナールは、19世紀末から20世紀初頭、新芸術様式“アール・ヌーヴォー”が輝き始めた頃、 演劇・芸術・ファッションで人々を魅了し、女優としてばかりではなく、自身のイメージ戦略を打ち出すプロデューサーであり、興業を主催する事業家、絵画や彫刻の制作を行う多才なアーティストでもあったのだ。


サラ・ベルナールは、1860年代にデビューし、パリで一躍有名になる。


彼女の名声の端緒となったのは、『過ぎ行く人』の吟遊詩人役を好演したこと。


人々から“黄金の声”と讃えられた。


また、文豪ヴィクトル・ユゴー(Victor-Marie Hugo 1802 -1885)作『リュイ・ブラース』(Ruy Blas)の主演を務めたことにより女優としての地位を不動のものとした。


更にジャン・コクトー(Jean Cocteau 1889-1963)には、“聖なる怪物”と呼ばれ、劇場の女帝の異名を持ち、広く名声を博した。


1894年、当時無名の画家だったアルフォンス・ミュシャ(Alfons Maria Mucha, 1860-1939)に、サラ・ベルナール主演の劇曲『ジスモンダ』(Gismonda)のポスター制作の依頼。


?アルフォンス・ミュシャは豪華で装飾性の高いポスターを制作。


そのポスターは人気となり、またたく間に、アルフォンス・ミュシャは”アール・ヌーヴォー”の代表的な芸術家となった。


サラ・ベルナールのポスターに用いられたアルフォンス・ミュシャ独自のスタイルは、演劇世界だけではなく、消費社会の到来に合わせて、例えばフランスの国民的ビスケット“ルフェーブル・ユティル社LU”など商品のポスターにも応用されて行ったのだ。


また、ルネ・ラリック(Rene Lalique 1860-1945)も、サラ・ベルナールに才能を見出された一人。


1894年、サラ・ベルナールの舞台装飾をきっかけに、プライベートの装飾具も手掛け、ジュエリー作家としての道が開けて行った。


1900年のパリ万博において、ルネ・ラリックは見事グランプリを受賞し、アール・ヌーヴォーを牽引して行く存在となるのだ。


サラ・ベルナールは、イギリスやアメリカでも一座を率いて大興業を主催し事業家として成功。


その後、豪州などをはじめ五大陸にもおよぶ世界各国で巡業公演を行い、国際的なスターとなる。


また、1870年に始まった普仏戦争の際には、当時の劇場「オデオン座」を国や財界の支援を受け、病院として開放するなど、女優や興行主以外の面でも活躍。


そのような社会に対しても貢献する姿が、多くの人々の尊敬を集めた。


サラ・ベルナールは、生涯を通じて「舞台芸術」に献身し、死去の際には国民葬とも言える葬儀が行われたほどだ。


サラ・ベルナールの芸術表現ともいえる「舞台」(衣裳・装身具など)を中心に、アルフォンス・ミュシャ作のアール・ヌーヴォー様式の流麗なポスター、衣装やルネ・ラリック作の装身具、記録写真、映像、肖像画など、約100点を超える作品や資料により紹介する日本初の展覧会だ。


監修および企画・構成は、フランス側は、美術史家のピエール=アンドレ・エレーヌ(マキシム美術館学芸部長)


マキシム美術館がオープンした直後、筆者らに丁寧に案内および説明をしてくれたその人だ。


17世紀には第5代リシュリュー公爵アルマン・エマニュエル・ソフィー・セプティマニー・ド・ヴィニュロー・デュ・プレシ(Armand Emmanuel Sophie Septimanie de Vignerot du Plessis, 5e duc de Richelieu,1766-1822)が所有し、今では歴史的建造物に定められている建物、レストラン「マキシム」(Maxim's)の上階、4階と5階にある美術館だ。


1981年、世界的ブランドの服飾デザイナーで、アール・ヌーヴォーの熱烈な愛好家でもあるピエール・カルダン(Pierre Cardin1922-)が買い取る。


マドレーヌ広場とコンコルド広場の間に位置し、バス亭も目の前。


ピエール・カルダンの「コレクション1900」をただ単に展示するだけではなく、ベル・エポックの高級娼婦の豪華なアパルトマンが再現されている。


☆マキシム美術館(Musee Art Nouveau Collection 1900 - Maxim's


https://maxims-de-paris.com/en/le-musee


丁寧にかつ詳細にサラ・ベルナールやその子孫の現在まで話してくれたピエール=アンドレ・エレーヌが監修する展覧会なので興味深い。


マキシム美術館に展示されているものがおおかた出展されているのではないかと予想を立てて取材に赴く。


が、見事、いい意味で裏切られた。


フランスのエタンプ市美術館はじめ箱根ラリック美術館や個人蔵の珍しい作品が多く展示されているのだ。


サラ・ベルナールは、自身の姿を入念にプロデュースした。


それを物語るひとつのエピソードは、プライベートから舞台まで、様々な衣装に着飾った姿の写真は、舞台の様子を撮ったものではなく、写真用に再撮影したものということだ。


そして、それらをW.&D. ダウニー(William Downey 1829?1915)やナダール(Nadar 1820-1910)など有名写真家に依頼している。


また、彼女を取り巻く人々の写真からは、サラ・ベルナールの交友の広さがうかがい知れる。


アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(Henri Marie Raymond de Toulouse-Lautrec-Monfa 1864 -1901)をはじめ、同時代の様々な画家たちによって描かれたサラの肖像画や彼女が使用した豪華な身の回りの品々、サラのドレスをデザインしたジャック・ドゥーセ(Jacques Doucet 1853?1929)によるイブニングドレスは見逃せない。


さらに演劇『遠国の姫君』で使用され、アルフォンス・ミュシャとルネ・ラリックが共同で制作したユリの冠は、この展覧会の目玉といえよう。


これは、箱根ラリック美術館所蔵というのも日本人としてうれしい限りだ。

 

ティアラjpg.jpg

デザイン:アルフォンス・ミュシャ 制作:ルネ・ラリック

舞台用冠《ユリ》 (エドモン・ロスタン作『遠国の姫君』にて使用)

1895年頃 金属、真珠、ガラス 箱根ラリック美術館蔵


またミュシャがデザインした《蛇のブレスレットと指輪》などのアクセサリーをはじめ、ポスター、写真、プログラムも展示されている。


サラ・ベルナール自身が創作者として活躍したことを伺わせる作品や、当時の芸術家など多くの人々に彼女が影響を与えたことが分かる資料も展示。


この展覧会が、賞賛に値するのは、サラ・ベルナール賛美一色ではなく、ユダヤの出自、家族の金銭問題、愛人関係、足の切断、皮肉なカリカチュアなど負の部分にもきちんと目を向けていることだ。


そして、会場スタッフのてきぱきとした中に心からの親切さが感じとれる応対は、「美しいもの」を鑑賞しに来ている人たちをより一層心豊かにさせてくれる。


☆構成


第一章


サラ・ベルナールに関する写真や肖像画、身の回りの品々


第二章


サラ・ベルナール出演の演劇に関わる作品


第三章


サラ・ベルナールと深い関わりのある芸術家の作品、またサラの様々な側面を伺える作品


?

DSCN0526s.jpg

 

2019316日?325


阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー


日~木曜日=10:00~20:00


金・土曜日=10:00~21:00


※閉場30分前までにご入場のこと。


※催し最終日は午後6時閉場


入場料:大人800円、大学、高校、中学生600円、小学生以下無料


阪急お得意様カード、ペルソナカード、エメラルドSTACIAカードのご呈示でご本人様に限り、入場料から100円割引


☆阪急うめだ本店


      http://www.hankyu-dept.co.jp


☆☆阪急うめだギャラリー


http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/event/index.html


☆公式サイト


?https://www.sunm.co.jp/sarah /


◎主催


阪急うめだ本店、産経新聞社


◎後援


在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本


◎特別協力


??? フランス / エタンプ市美術館、ピエール=アンドレ・エレーヌ、ダニエル・ラドゥイユ


??? 日本 / 公益財団法人 堺市文化振興財団 堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)、箱根ラリック美術館、京都工芸繊維大学美術工芸資料館、リボリアンティークス


◎監修 / 企画・構成


    ピエール=アンドレ・エレーヌ(マキシム美術館学芸部長/美術史家)


   岡部昌幸(帝京大学文学部史学科教授、群馬県立近代美術館館長)


◎助成


 笹川日仏財団


◎運営協力


 「サラ・ベルナールの世界展」実行委員会初


◎企画協力


   株式会社燦京堂


☆同時開催フランスフェア2019 今年は10日間! 南仏プロヴァンスをクローズアップ。

 

DSCN0529s.jpg

 

 DSCN0532s.jpg 

 その中でも筆者が注目したのが、エシレ バター(Echire)。


  フランス中西部・エシレ村で生産されるエシレ バターは、乳酸発酵させてからつくるバターで、ヨーグルトのような軽い酸味があり香り高い。


 エシレ酪農協同組合は1894年からバター作りをはじめ、代々伝わる乳酸菌を大事に使いながら、昔ながらの製法で変わらぬ味を守り続けている。


 牛乳から作られるクリームは、殺菌・発酵の過程を経て、昔ながらの木製チャーン(攪拌機)の中でバターに練り上げられる。


現代ではステンレス製のチャーンが一般的だが、この木の持つ不思議な力が、口あたりの柔らかで滑らかな食感を生み出している。


エシレ バターは、上述のようにルネ・ラリックがグランプリを受賞した1900年のパリ万国博覧会において奇しくも1等賞受賞をはじめ、多くの万国博覧会で何度も受賞を重ねている。


EUがその土地の伝統的な農産品の保護を目的として、製造地域や原料、製造工程などの規定を満たした商品にのみ付与する認証、AOP


エシレバターは、フランス政府からAOP認定を受けた数少ないバター生産地のひとつだ。


1979年にはフランス国内バター初AOC※を取得。


2004年に規定変更となり、現在はAOPとして認定されている。)


エシレ バター専門ショップは、関西では阪急うめだ本店のみ。


もちろん、フランスフェア2019に出店している。


サラ・ベルナールの時代から現代まで伝統を受け継ぐエシレ バター。


フランスでも品薄で、なかなか手に入らない逸品だ。


まさに食の芸術品ともいえる。


阪急うめだ本店のフランスフェアは、フランスに行けば存在する店舗ばかりで、日本など他国で企画したいわゆるフランス風の品は一切置いていないと、米田進悟 阪急うめだ本店広報担当は胸を張る。


展覧会とフランスフェアのマリアージュ。


この阪急うめだ本店で行われている展覧会の特徴を表わしている言葉かもしれない。


 


☆読者プレゼント 


   1020名様にご招待券 プレゼント


   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp


   件名:展覧会名と会場名


   本文:ご住所、お名前


   をお書きの上どしどしご応募下さい。


?????? 締切:UPした日の午前零時


   発送をもって当選と代えさせていただきます。


会期が短いため、速達などでお届けには最善を尽くします。


?


☆巡回予定


この展覧会は、20189月?群馬県立近代美術館を皮切りに堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)を巡回して来た。


20201月頃まで、全国の美術館を巡回予定。


2019328日?630日 箱根ラリック美術館


?


☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い


 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。


   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp


   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想


   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。


   お待ちいたしております。 


   


☆お知らせ


いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。


皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。


多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。


?


?※画像および記事の無断転載禁止


?


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

京都の染織1960年代から今日まで Kyoto Textiles: From the 1960s to the Present [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

京都の染織

1960年代から今日まで

 Kyoto Textiles: From the 1960s to the Present

 

森口邦彦 友禅着物「雪明り」.jpg

森口邦彦 友禅着物「雪明り」1969

 

1960年代から今日までの多様な「染」と「織」の状況を紹介する展覧会が、京都国立近代美術館にて開催中だ。

平安遷都がなされてから、1200年以上の歳月が流れた京都。

京の染織家たちはその時々に合わせ様々な工夫や新しい技術、意匠などを生み出して来た。

連綿と受け継がれ、技法や形態は変わろうと各時代に常に新しいものを追い求め、素晴らしい作品の数々を鑑賞できる。

 

会期

201938日(金)~ 414日(日)

開館時間

午前930分~午後5

ただし金曜日、土曜日は午後8時まで開館

 *入館は閉館の30分前まで

休館日

毎週月曜日

主催

京都国立近代美術館

京都新聞

観覧料

当日

団体(20名以上)

夜間割引(金/土曜 午後5時以降)

一 般 1,000 800 800

大学生 500 400 400

 

※ 高校生・18歳未満は無料。

※ 心身に障がいのある方と付添者1名は無料。

  (入館の際に証明できるものをご提示のこと)。

※ 本料金でコレクション展も観覧可。

関連イベント

「手だけが知ってる美術館 第2回 染織」

日時:330日(土)①10301230 ②14301630

会場:京都国立近代美術館講師:野田睦美(作家・本展出品作家)

対象:中学生以上、どなたでも定員:各回15名(事前申込制・申込者多数の場合は抽選)

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

URLが表示できない時の処置

URLをクリックしてもサイトが表示できない時は、ctrlキーを押しながらCを押してコピーをし、URLバーに貼り付けて下さいませ。

お手数を取らせますが、 どうぞよろしくお願いいたします。

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

没後50年 藤田嗣治展 Foujita: A RetrospectiveCommemorating the 50th Anniversary of his Death [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

没後50年 藤田嗣治展

Foujita: A RetrospectiveCommemorating the 50th Anniversary of his Death

 

1.《カフェ》s.jpg

藤田嗣治 《カフェ》

1949年 油彩・カンヴァス

ポンピドゥー・センター(フランス・パリ)

Photo [コピーライト] Musee La Piscine (Roubaix), Dist. RMN-Grand Palais / Arnaud Loubry / distributed by AMF

[コピーライト] Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833

 

日本人として世界に生きた画家、藤田嗣治(1886?1968)。

藤田の没後50年を記念する大回顧展が、京都国立近代美術館で開催中だ。

明治半ばの日本に生まれた藤田は、20代後半にパリへ渡り、30代から40代にかけてパリで華々しく活躍。

戦時には日本で作戦記録画を多数発表したが、戦後の1949年、日本を離れ、翌年にはパリへ帰還し、やがてフランス国籍を取得して欧州で生涯を終えた。

この展覧会では、藤田の代名詞ともいえる「乳白色の下地」による裸婦の代表作が一堂に会するのみならず、初来日となる作品や、従来あまり紹介されてこなかった作品も展示。

2章「はじまりのパリ」における、1913年に渡仏した直後の作品群などこれまであまり紹介される機会のなかった作品

が多く出品されているのがこの展覧会の特徴。

 

3.《エミリー・クレイン=シャドボーンの肖像》s.jpg

 藤田嗣治 《エミリー・クレイン=シャドボーンの肖像》

1922年 油彩、銀箔、金粉・カンヴァス

シカゴ美術館(アメリカ)

[コピーライト] The Art Institute of Chicago / Art Resource, NY

[コピーライト] Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833

 

最新の研究成果を反映した藤田の日記帳や、スクラップブックも特別に展示。

筆者が注目したのは、藤田のオートグラフ。

Foujita”と綴られているのは、フランス語として発音しやすいように自ら綴っていたと筆者は考えていた。すなわち、藤田が渡仏してから“Fujita”から“Foujita”に変えたのだと思っていた。

しかし、この展覧会に展示されている、1909年に描かれた「婦人像(Woman)」のオートグラフは、“Fujita”

同年に描かれた「父の像(Portrait of the Artists Father)」には、“Foujita”と書かれている。

サインは、2種類混在しているのだ。

藤田が渡仏したのは、1913年。

すなわち、渡仏する前から、“Foujita”と書いていたのだ。

不思議に思い、この展覧会の監修者の林洋子文化庁芸術文化調査官に聞くと、「この頃、ヘボン式ローマ字の綴りがまだ定まっていなかったのではないか。」と言う。

ヘボンの『和英語林集成』第3版が出版されたのが1886年なので、年代を考えると混在していても不思議はない。

筆者の英語の師匠のミス・ツヤコ・ホリバタは、ハロルド・E・パーマー(Harold E. Palmer,)の弟子だが、彼は、「日本のローマ字論が正書法・翻字・音声表記の3種類を混同していることを批判し、正書法としては日本式ローマ字を支持するが、外国人向けの表記としてはヘボン式、学者の音声表記としては国際音声記号を使うのがよい。」と述べている。

この展覧会で、“Foujita”のサインの謎が解けたような気がする。

 

パリのマイヨール美術館で201837日より715日まで藤田の回顧展が開催され、好評を博したばかり。

  また、2019116日から316日まで、パリ日本文化会館でも「藤田嗣治」展が予定されている。この展覧会は、今、京都国立近代美術館で開催中の展覧会を基に構成を変えて行われる予定。

パリを中心にフランスで日本文化を紹介する大規模な文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」の公式企画として開催される。

キュレーターは藤田研究で知られる美術史家でもある林洋子文化庁芸術文化調査官と、パリ市立近代美術館チーフキュレーターのソフィー・クレブス。

藤田の60年の画業を総括する展覧会になるとのこと。

 

4.《自画像》s.jpg

藤田嗣治 《自画像》

1929年 油彩・カンヴァス

東京国立近代美術館蔵

 

[コピーライト] Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833

5.《タピスリーの裸婦》s.jpg

    藤田嗣治 《タピスリーの裸婦》

1923年 油彩・カンヴァス

京都国立近代美術館蔵

[コピーライト] Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833

 

会期

20181019日(金)~ 1216日(日)

開館時間

午前930分~午後5

ただし金曜日、土曜日は午後8時まで開館

*入館は閉館の30分前まで

休館日

毎週月曜日

主催

京都国立近代美術館

朝日新聞社

NHK京都放送局

NHKプラネット近畿

後援

在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本

協賛

損保ジャパン日本興亜 大日本印刷 きんでん JR西日本

特別協力

国際交流基金

協力

東京美術倶楽部

日本航空

日本貨物航空

観覧料

当日 団体(20名以上)

一 般 1,500     1,300

大学生 1,100     900

高校生 600      400

※ 中学生以下は無料。

※ 心身に障がいのある方と付添者1名は無料? (入館の際に証明できるものをご提示のこと)。

※ 本料金でコレクション展も鑑賞可。

 

☆京都国立近代美術館 ホームページ

    http://www.momak.go.jp

☆特設サイト

    http://foujita2018.jp/

☆ジャポニスム 2018

    https://japonismes.org/

☆藤田嗣治 生誕祭

1127日は、藤田嗣治の誕生日。1日限定のお祝い企画、「藤田嗣治 生誕祭」を開催。

?当日会場にてSNSで藤田の誕生日をお祝いしていただいた方や、藤田のそっくりさん姿で来場の方に、もれなくオリジナルポストカードをプレゼント!! 日時:1127日(火) 午前930分~午後5時(最終入館は午後430分)会場:京都国立近代美術館 フォトコーナー(1)

ポストカード 京都国立近代美術館1階フォトコーナーにおいて、以下の①もしくは②を確認の後、藤田嗣治展オリジナルポストカードをもれなくプレゼント。

※オリジナルポストカードは5種類をご用意。1名につき1枚のみ。(図柄は選択 不可)

①京都国立近代美術館1階フォトコーナーで記念撮影の後、その写真と藤田のお誕生日を祝うコメントを、SNSにて投稿ください。

※オリジナルポストカードのプレゼントは1名につき投稿1回限り

※撮影・投稿は当日のみ

②藤田嗣治の代名詞である「丸メガネ」「オカッパ頭」の2点の藤田嗣治のそっくりさん姿で来場ください。(1点のみは対象外。)

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

URLが表示できない時の処置

URLをクリックしてもサイトが表示できない時は、ctrlキーを押しながらCを押してコピーをし、URLバーに貼り付けて下さいませ。

お手数を取らせますが、 どうぞよろしくお願いいたします。

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

世界遺産 京都・二条城、秋の「FLOWERS BY NAKED」 [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

世界遺産 京都・二条城、

秋の「FLOWERS BY NAKED

main.jpg

 

2018113日(土)から129日(日)まで、花のイマーシブ(没入型)イベント「FLOWERS BY NAKED 2018 —京都・二条城—」(主催:FLOWERS BY NAKED 2018 —京都・二条城—製作委員会)が、関西初となる世界遺産、京都・元離宮二条城で開催中だ。

400年以上の歴史を持つ二条城の中でも通常非公開の場所などにおいて、夜の時間に開催される特別な企画だ。

株式会社ネイキッドについては、東京国立博物館やマリンワールド海の中道の記事で弊サイトにて記している。

sub5.jpg

                                            重要文化財 唐門 プロジェクションマッピング

 

これまで秋に紅葉する木々が少なかった二条城で、”花と伝統” をテーマに歴史的建築と先進アートを融合させる事で、全く新しい秋の二条城が満喫できる。

sub1.jpg

                                                         特別名勝 二の丸庭園 ライトアップ

 

初の紅葉ライトアップを始め、重要文化財・二の丸御殿御清所の部屋一面に光って揺れるススキ畑や、近づくと香りがするコスモスの空間演出、重要文化財・唐門へのプロジェクションマッピングなど、城内各所でイマーシブ(没入型)な体験の数々は、大変魅惑的。

 

sub6.jpg                   秋桜と蒲公英(コスモスとタンポポ)   展示場所:重要文化財 台所


 

 

さらに、室町時代から続く『華道家元池坊』といけばな×先進アートで京の秋を表現したコラボ作品も発表。

「日本の真の美」を再認識し、また、体感できる絶好の機会だ。

お見逃しなく。

 

sub7.jpg

             BIG BOOK〜秋の初風〜(ビッグブック) 展示場所:重要文化財 台所

 

また、2019 1 29()3 3 ()には東京・日本橋三井ホールで春の「FLOWERS BY NAKED」の開催が決定している。

 

期間   :2018113日(土)〜129日(日)

開催時間:17:3022:00(最終入場 21:00

場所  :二条城

入場料金:当日券:大人1,200円、小学生800

主催  :京都市、FLOWERS BY NAKED 2018 —京都・二条城—製作委員会

特別協力:華道家元池坊、キヤノン株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社

協力  :アットアロマ株式会社

お問い合わせ:京都市文化市民局元離宮二条城事務所Tel075-841-00968451700

公式サイト:https://flowers.naked.works/

企画・演出・制作:NAKED Inc.

 

☆読者プレゼント 

   510名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :  loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:http://art-news-jp.jimdo.comにてUPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

   会期が短いため、速達などでお届けには最善を尽くします。

 

 ※画像および記事の無断転載禁止

 

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展 Pierre Bonnard, The Never-Ending Summer [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

オルセー美術館特別企画

ピエール・ボナール展

Pierre Bonnard, The Never-Ending Summer

 

01.白い猫.jpg

ピエール・ボナール《白い猫》1894年 油彩、厚紙 51.9×33.5cm オルセー美術館 

[コピーライト] RMN-Grand Palais (musee d'Orsay) / Herve Lewandowski / distributed by AMF

 

 

19世紀末のフランスでナビ派の一員として出発した画家ピエール・ボナール(Pierre Bonnard 18671947年)。

オルセー美術館の豊富なコレクションを中心に、国内外のコレクションを含む、130点超の作品で構成されるボナールの大規模な回顧展が、国立新美術館において好評開催中だ。

 



02.庭の女性たち.jpg

ピエール・ボナール《庭の女性たち》1890-91年 デトランプ、カンヴァスで裏打ちされた紙(4点組装飾パネル) 160.5×48cm(各) オルセー美術館 [コピーライト] RMN-Grand Palais (musee d'Orsay) / Herve Lewandowski / distributed by AMF

 

 

当時、ピエール・ボナールは、浮世絵の影響が顕著な装飾的画面により「日本かぶれのナビ」の異名を取っていた。

20世紀に入ると、目にした光景の印象をいかに絵画化するかという「視神経の冒険」に身を投じ、鮮烈な色彩の絵画を多数生み出す。

1867年、ピエール・ボナールは、陸軍省の役人の息子として、フォントネ=オ=ローズに生まれる。

 



15.ル・グラン=ランスでロバのトロッティに乗るボナール.jpg

 

 

《ル・グラン=ランスでロバのトロッティに乗るボナール》1903-05 年 モダン・プリント 3.8×5.2cm

オルセー美術館 [コピーライト] Musee d'Orsay, Dist. RMN-Grand Palais / Patrice Schmidt / distributed by AMF

 

 

 

06.ル・グラン=ランスの庭で煙草を吸うピエール・ボナール.jpg

 

《ル・グラン=ランスの庭で煙草を吸うピエール・ボナール》1906年頃 モダン・プリント 6.5×9cm 

オルセー美術館 [コピーライト] RMN-Grand Palais (musee d'Orsay) / Herve Lewandowski / distributed by AMF

 

 

 

 

1887年、大学の法学部で学ぶ傍らアカデミー・ジュリアンにも通い、ポール・セリュジエ(Paul Serusier 1864 - 1927年)やモーリス・ドニ(Maurice Denis 1870 - 1943年)らと出会う。

そして、後にナビ派と呼ばれることになる画家グループを結成する。

ちなみに「ナビ」とは「預言者」を意味する。

その後、エコール・デ・ボザール(国立美術学校)に入り、エドゥアール・ヴュイヤール(Edouard Vuillard  1868- 1940)と知り合う。

1890年、ピエール・ボナールは、エコール・デ・ボザールで開催された「日本の版画(日本の巨匠たち)展」を見て感銘を受け、以後の作品には日本絵画の影響が見られる。

 

03.猫と女性 あるいは 餌をねだる猫.jpg

ピエール・ボナール《猫と女性 あるいは 餌をねだる猫》1912年頃 油彩、カンヴァス 78×77.5cm 

オルセー美術館 [コピーライト] RMN-Grand Palais (musee d'Orsay) / Herve Lewandowski / distributed by AMF




04.黄昏(クロッケーの試合).jpg

ピエール・ボナール《黄昏(クロッケーの試合)》1892年 油彩、カンヴァス 130.5×162.2cm オルセー美術館 

[コピーライト] RMN-Grand Palais (musee d'Orsay) / Herve Lewandowski / distributed by AMF

 

ピエール・ボナールの母国フランスでは近年ナビ派の画家たちへの評価が高まり、2015年にオルセー美術館で開催されたピエール・ボナール展では51万人が魅了され、2014年のゴッホ展に次ぐ、歴代企画展入場者数の第2位を記録したほどだ。

 

 ☆オルセー美術館

   https://m.musee-orsay.fr

 

油彩72点、素描17点、版画・挿絵本17点、写真30点といったさまざまなジャンルを通じて、謎多き画家ボナールの魅力に迫る大回顧展は、東京では37年ぶりとなる。

この展覧会の特徴は、オルセー美術館が誇るボナールの重要作品と、日本の美術館が所有するボナールの作品との見事な呼応だ。

 1217日(月)まで。お見逃しなく。

 

05.フランス=シャンパーニュ.jpg

ピエール・ボナール《フランス=シャンパーニュ》1891年 多色刷りリトグラフ 78×50cm 

川崎市市民ミュージアム

 

 

 

☆構成

1.日本かぶれのナビ

2.ナビ派時代のグラフィック・アート

3.スナップショット

4.近代の水の精(ナイアス)たち

5.室内と静物「芸術作品―時間の静止」

6.ノルマンディーやその他の風景

7.終わりなき夏

 



07.化粧室 あるいは バラ色の化粧室.jpg 

ピエール・ボナール《化粧室 あるいは バラ色の化粧室》1914-21年 油彩、カンヴァス 119.5×79cm 

オルセー美術館 [コピーライト] RMN-Grand Palais (musee d'Orsay) / Herve Lewandowski / distributed by AMF

 

 

 

08.桟敷席.jpg

ピエール・ボナール《桟敷席》1908年 油彩、カンヴァス 90×120.6cm オルセー美術館 

[コピーライト] RMN-Grand Palais (musee d'Orsay) / Herve Lewandowski / distributed by AMF

 

 

 

09.ル・カネの食堂.jpg

ピエール・ボナール《ル・カネの食堂》1932年 油彩、カンヴァス 96×100.7cm オルセー美術館(ル・カネ、ボナール美術館寄託) [コピーライト] Musee d'Orsay, Dist. RMN-Grand Palais / Patrice Schmidt / distributed by AMF

 

 

 

10.ボート遊びs.jpg

ピエール・ボナール《ボート遊び》1907年 油彩、カンヴァス 278×301cm オルセー美術館 

[コピーライト] Musee d'Orsay, Dist. RMN-Grand Palais / Patrice Schmidt / distributed by AMF

 

 

11.水の戯れ あるいは 旅.jpg

ピエール・ボナール《水の戯れ あるいは 旅》1906-10年 油彩、カンヴァス 248.6×298.3cm 

オルセー美術館 [コピーライト] RMN-Grand Palais (musee d'Orsay) / Herve Lewandowski / distributed by AMF

 

 

会 期

開催中~ 1217日(月)

毎週火曜日休館

開館時間

10:0018:00 

毎週金・土曜日は20:00まで。

※入場は閉館の30分前まで

会 場

国立新美術館 企画展示室1E

106-8558 東京都港区六本木7-22-2

主 催

国立新美術館、オルセー美術館、日本経済新聞社

後 援

在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

協 賛

花王、損保ジャパン日本興亜、ダイキン工業、大日本印刷、BIGLOBE、ブシュロン ジャパン、三菱商事

協 力

日本貨物航空、日本航空、BSテレビ東京

観覧料(税込)

当日

1,600円(一般)、1,200円(大学生)、800円(高校生)

団体

1,400円(一般)、1,000円(大学生)、600円(高校生)

中学生以下および障がい者手帳をご持参の方(付添いの方1名含む)は入場無料。

 

お問合せ

ハローダイヤル 03-5777-8600

 

☆展覧会ホームページ

    http://bonnard2018.exhn.jp

 

☆国立新美術館ホームページ

     http://www.nact.jp?

 

 

12.花咲くアーモンドの木.jpg

ピエール・ボナール《花咲くアーモンドの木》1946-47年 油彩、カンヴァス 55×37.5 cm 

オルセー美術館(ポンピドゥー・センター、国立近代美術館寄託) 

[コピーライト] RMN-Grand Palais (musee d'Orsay) / image RMN-GP / distributed by AMF

 

 

 

13.大きな庭.jpg

ピエール・ボナール《大きな庭》1895年 油彩、カンヴァス 168×221 cm オルセー美術館 

[コピーライト] RMN-Grand Palais (musee d'Orsay) / Herve Lewandowski / distributed by AMF

 

 

 

14.『博物誌』(ジュール・ルナール).jpg

『博物誌』(ジュール・ルナール)エルネスト・フラマリオン社、パリ 1904年刊 19.5×12.5cm 個人蔵

 

 

 

☆関連イベント

◯講演+対談「ボナールの視覚」

日時

2018122日(日)14:00-16:00 (13:30開場)

出演者

佐々木正人(多摩美術大学教授)、ホンマタカシ(写真家)、山田剛(日経イノベーション・ラボ上席研究員)

会場

国立新美術館3階講堂

*定員260名(先着順、申込不要)

*聴講は無料、本展の観覧券(半券可)の提示が必要。

*内容や日時は都合により変更となる可能性あり。あらかじめご了承ください。

 

 

☆読者プレゼント 

   510名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :  loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

   締切:http://art-news-jp.jimdo.comにてUPした日の午前零時

   速達など最速の方法でお送りいたします。

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

URLが表示できない時の処置

URLをクリックしてもサイトが表示できない時は、ctrlキーを押しながらCを押してコピーをし、URLバーに貼り付けて下さいませ。

お手数を取らせますが、 どうぞよろしくお願いいたします。

 

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ジェニファー・リー  Jennifer Lee [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

ジェニファー・リー  Jennifer Lee

Jennifer Lee.jpg

Image: Jennifer Lee, Pale, flashing haloed granite olive bands, tilted shelf, 

2018, ceramic, H25.5 × W14.3 × D12.7 cm

 

現代美術艸居 古門前本店においてジェニファー・リーの個展が開催中だ。

2015年の日本初個展「ジェニファー・リー信楽・ロンドン:旅の軌跡と蓄積」に引き続き、艸居において2度目の個展。

ジェニファー・リーは、1956年スコットランドのアバディーンシャー生まれ。

1975-1979年エディンバラ大学で陶芸とタペストリーを学び、その後、米国旅行の奨学金を受けて8ヶ月滞在。

西海岸の現代陶芸や南西に位置するアメリカインディアンの先史時代の陶芸を研究。

1980-1983年ロイヤルカレッジでは、色土を使った手捻り形成の制作方法を築く。

スコットランドとスウェーデンの美術館で回顧展を開催。

作品は大英博物館、ヴィクトリア&アルバート美術館、ストックホルム国立美術館、ロサンジェルスカウンティー美術館、メトロポリタン美術館など、40以上の美術館に所蔵されている。             

1994年に初来日。

2009年にはイッセイミヤケによる展覧会「U-TSU-WA」展が21_21 DESIGN SIGHT で開催された際、ジェニファー・リーの器が大きな水面に幻想的に浮かべられた。ちなみにインスタレーションは建築家の安藤忠雄が手がけた。

2014-2015年と招聘作家として滋賀県立陶芸の森で滞在制作。

ささま国際陶芸祭への参加、益子陶芸美術館での展示など、日本との関わりを深めて行く。

2015年、艸居で行われた初個展出展作品から大型の作品2点が兵庫県陶芸美術館のコレクションとなる。

 20185月、権威有る第2回ロエベ・クラフト・プライズ賞を受賞。

 ジェニファー・リーは釉薬を使うのではなく、窯に入れる前に酸化金属を土に混合して色付けをするという独自の手法を編み出した。

 色と形が融合する独特のスタイルを確立し、その作品にはファンが多い。

この展覧会では新作の壺10点、陶版1点、湯呑み16点、ドローイング8点を展示。

113日のオープンと同時にほとんどの作品が売約済みとなる。

が、次の作品が出来上がるまで待つのも楽しみだ。

会期中は、作品は鑑賞できるので、ぜひお見逃しなく。

 

DSC_0007s.jpg

                            撮影 浦 典子

 

会期

2018(平成30)年113日(土)- 128日(土)

会場

現代美術 艸居

605-0089 京都市東山区元町381-2

開廊時間

10:00 - 18:00 

休廊日

日曜日・月曜日 (盆 ・正月) 

住所

<現代美術 艸居>

605-0089

京都市東山区古門前通大和大路東入ル元町381-2

(大和大路通から古門前通を東に入り5軒目です)

TEL: 075-746-4456

FAX: 075-746-4457

 

☆現代美術艸居サイト

   www.gallery-sokyo.jp

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

 


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

特別展 京(みやこ)のかたな 匠のわざと雅のこころSpecial Exhibition Swords of Kyoto: Master Craftsmanship from an Elegant Culture [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

特別展 京(みやこ)のかたな 匠のわざと雅のこころ

Special Exhibition

Swords of Kyoto: Master Craftsmanship from an Elegant Culture
①三日月宗近(全図裏)広報用 (2).jpg

国宝 太刀 銘三条(名物三日月宗近)東京国立博物館所蔵 画像提供 東京国立博物館(全図裏)

 

京都では、平安時代から現代にいたるまで、多くの刀工が工房を構え、あまたの名刀を生み出して来た。

現存する京都=山城系鍛冶の作品のうち、国宝指定作品17件と、著名刀工の代表作を中心に展示し、平安時代から平成にいたる山城鍛冶の技術系譜と、刀剣文化に与えた影響を探る展覧会が京都国立博物館で開催されている。

このような大規模刀剣特別展が開催されるのは京都国立博物館では120年の歴史上初めて!

そして、多くの初公開作品のオンパレードがある展覧会なのだ。

刀に関して展覧会は1997年に東京国立博物館で行われて以来21年ぶり。

その時は、日本全体の刀についての展覧会だった。

このたび京都国立博物館で行われている展覧会では、「京都」の刀に的を絞っている。

では、「京都」=山城の刀のレベルはどのくらいかというと、圧倒的No.1

絶対王者という。

   格式、品質において抜きん出ており、少量しか生産されていない。

   お金に糸目をつけず作られたのが、「山城もの」だ。

   他の地域で作られた刀が、既製服とすると、「山城もの」はオートクチュールやビスポークと考えるとわかりやすいだろう。

ちなみにビスポークとは「注文の~」という意味。語源は、顧客がテーラーに「話を聞かれながら= be spoke」服を仕立てていくことに由来するといわれる。

 

④国宝 太刀 銘則国 京都国立博物館.jpg

国宝 太刀 銘則国 京都国立博物館

 

   存在は知られていたが、実態がつかめていなかったが、この展覧会の準備の過程で明らかになったものも。

祇園祭の長刀、日本最古の槍などは初公開。

祇園祭の長刀は、大切に保管され守られて来たが、今まで詳しいことはわからなかった。

三条長吉の作だが、このたびの精査で、長刀に刻まれている以下の銘文が読み解かれた。

「大永二年六月三日 切付銘 去年日蓮衆退治之時分捕仁仕候於買留申奉寄附感神院江所也 願主江刕石塔寺/之麓住鍛冶左衛門太郎助長 敬白 天文六丁酉歳六月七日」

すなわち、天文5 (1536) 年、山門延暦寺の衆徒が京都法華宗徒を武力で洛外へ追放した天文法華の乱(てんぶん orてんもんほっけのらん)の際、暴徒が押し寄せ、長刀は盗まれて行方不明になってしまった。石塔寺の麓に住む刀鍛冶の左衛門太郎助長がこれを発見し、私費で買い八坂神社に奉納したことがわかったのだ。

 助長のことはよくわかっていなかったが、この発見により実在の人物であったことがわかった。

末兼 俊彦 京都国立博物館 主任研究員は、刀は、日本文化に大きく影響しているという。

というのも、日本は、モノづくりの国だ。

一点の手抜きもないその姿勢。

刀はモノづくり日本とつながっているという。

神器なき即位をした後鳥羽天皇。

というのも、1185年(元暦2年)の壇ノ浦の戦いで、安徳天皇が入水し草薙剣も赤間関(関門海峡)に水没したとされるからだ。

皇位の象徴である三種の神器が揃わないまま治世を過ごした後鳥羽天皇にとって、このことは一種のコンプレックスであり続けた。

そのため、作刀を推奨し、御番鍛冶と呼ばれる優秀な刀工に補佐をさせて、自ら作刀行う慰打ち(なぐさみうち)をしたといわれているのが、後鳥羽天皇だ。

日本の技術の結晶・日本刀。

後鳥羽天皇がいなかったら、今の日本はなかったかもしれない。

 

研ぎ澄まされた精緻な作品。

我々日本人は刀工たちの尽力に恥じない姿勢に学び、継承していかなければならない。

そんな気持ちにさせてくれる展覧会だ。

ぜひ、お見逃しなく。

 

⑤刀 銘九州肥後同田貫上野介(王貞治佩用)九州国立博物館.jpg 

刀 銘九州肥後同田貫上野介 九州国立博物館(九州国立博物館提供・落合晴彦撮影)

 

☆見どころ

京都国立博物館では初となる大規模刀剣特別展。

国宝刀剣19件を出品予定。

平安時代から現代までの山城鍛冶を総括する初のこころみ。

後鳥羽天皇、織田信長、坂本龍馬など歴史上の偉人にゆかりのある刀剣も展示。

戦乱を描く合戦絵巻の名品や、伊藤若冲の伏見人形図なども紹介。

☆構成

 京のかたなの誕生(平安時代後期)

   後鳥羽天皇と御番鍛冶(鎌倉時代前期)

   粟田口派と吉光(鎌倉時代前期~中期)

   京のかたなの隆盛(鎌倉時代中期~後期)

   京のかたなの苦難(南北朝時代~室町時代中期)

   京のかたなの復興(室町時代後期~桃山時代)

   京のかたなの展開(桃山時代~江戸時代前期)

   京のかたなと人びと(江戸時代中期~現代)

会期

2018(平成30)年929日(土)~ 1125日(日)

会場

京都国立博物館 平成知新館

休館日

月曜日 

開館時間

火~木・日曜日:午前930分~午後6時(入館は午後530分まで)

金・土曜日:午前930分~午後8時(入館は午後730分まで)

観覧料

一 般 1,500円(1,300円)

 大学生 1,200円(1,000円)

 高校生  700円 (500円)

*障害者の方とその介護者(1名)は、障害者手帳などのご提示で無料。

 *キャンパスメンバーズ(含教員)は、学生証または教職員証をご提示いただくと団体料金。

*会期中、一部の作品は展示替あり。

 

主催

京都国立博物館、読売新聞社、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿

後援

京都市観光協会

協賛

岩谷産業、きんでん、清水建設、大和ハウス工業、野崎印刷紙業、パナソニック

特別協力

公益財団法人日本美術刀剣保存協会

協力

ニトロプラス、日本香堂

 

☆京都国立博物館サイト

http://www.kyohaku.go.jp/jp

☆公式サイト

     https://katana2018.jp/

☆公式Twitter

katana2018kyoto

☆お問合せ

TEL.075-525-2473(テレホンサービス)

☆記念講演会

1110日(土)

 「合戦絵巻と武器・武具の研究」

  講師:井並 林太郎(京都国立博物館 研究員)

【時間】午後130分~3

【会場】平成知新館 講堂

【定員】200

【参加方法】当日11時より、平成知新館1階にて整理券を配布し、定員になり次第、配布を終了。聴講無料(ただし「京のかたな」展の当日の観覧券が必要)。

※お並びの状況により、配布開始時間を早める場合あり。

☆キャンパスメンバーズ限定講演会

京都国立博物館キャンパスメンバーズ会員校の学生及び教職員を対象に、本展示の見どころなどを紹介する講演会を開催。

1116日(金)17時 ~18

 事前の申込み必要。

☆「刀剣乱舞-ONLINE-」コラボ企画

●明治古都館で刀剣男士の等身大パネルを展示!

 展覧会会期中、京都国立博物館・明治古都館中央ホール(重要文化財)で、「刀剣乱舞-ONLINE-」コラボ刀剣男士の等身大パネルなどを展示。

 【時間】入館は閉館の30分前まで

【場所】明治古都館

 【料金】無料(ただし「京のかたな」展の当日の観覧券が必要)

 

☆関連イベント

●明治古都館で復元模造刀剣の特別公開

 長野県無形文化財保持者の刀剣作家・宮入法廣氏の手による「重文 薙刀直シ刀 無銘(名物 骨喰藤四郎)豊国神社所蔵」の復元模造が特別に公開。

その姿を忠実に再現した刀と一緒に記念撮影可!

【時間】入館は閉館の30分前まで

【場所】明治古都館

【料金】無料(ただし「京のかたな」展の当日の観覧券が必要)

 

☆音声ガイド(2種類あり) 

1 .語り     伊武雅刀

2. (刀剣乱舞-ONLINE-版)

ゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』出演声優4名が展覧会をナビゲート!

出演

                            鳥海浩輔(三日月宗近役)

                            粕谷雄太(五虎退役)

                            岡本信彦(膝丸役)

                            諏訪部順一(千子村正役)

       

          音声ガイドを目当てに何度も来場するかたもいるとの情報を読者のかたからいただいた。

        

☆読者プレゼント 

   510名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :  loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:UPした日の午前零時

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

京都国際映画祭2018 The 2018 Kyoto International Film and Arts Festival [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

京都国際映画祭2018 The 2018 Kyoto International Film and Arts Festival

                     

 

今年で5回目を迎えた『京都国際映画祭』。

映画だけではなくアート、デザインなどの文化の複合体だ。

今や京都の秋の風物詩といえよう。

『京都国際映画祭』の特徴は、通常の封切りより早く鑑賞できたり、アート作品が展示されたり、京都の伝統を感じさせる建物が活用されたりと、映画祭という名だが、その内容は大変多岐にわたる芸術に浸れる一大イベントなのだ。

それぞれの作品のクオエイティは、大変高く毎年楽しみにしている固定ファンも多い。

入場者は、

第一回、約4万人

第二回、約27万人

第三回、約28万人

第四回、約33万人

と着実に伸びて来ている。

 

今年もオープニングセレモニーは、世界遺産・西本願寺を舞台に行なわれ、多くの人でにぎわった。

牧野省三賞は降旗康男監督が、三船敏郎賞は佐藤浩市が受賞。

特別上映作品「遠き落日」舞台挨拶に、アンバサダー三田佳子が登壇。

モスト・リスペクト賞には、尚長栄(ショウ チョウエイ)、言興朋(イェン シンパン)が受賞。

 

『京都国際映画祭』のもうひとつの特色は、小さなお子様からお年寄りまで幅広い層にマッチした映画や美術作品を鑑賞できること。

アニメーションからクラシック映画までさまざまなジャンルの中から、選りすぐりの作品が目白押し。

ぜひ、親子三代で参加していただきたい。

今年のキャッチコピーは「京都上映中。」

開催期間

    20181011()1014()

会場

    西本願寺、よしもと祇園花月、元・立誠小学校、岡崎公園、京都伝統産業ふれあい館 、大江能楽堂 京都府立京都学・歴彩館 、京都府立植物園、イオンモール京都桂川/イオンシネマ京都桂川 、イオンモールKYOTO、イオンモール京都五条、イオンモール久御山、イオンモール高の原、イオンモール草津イオン近江八幡ショッピングセンター、イオン洛南ショッピングセンター、ジェイアール京都伊勢丹 、京都駅ビル、京都タワーサンド、京都マルイ、藤井大丸、T・ジョイ京都、TOHOシネマズ二条、大丸京都店、京都芸術センター、ワコールスタディーホール京都、下京図書館、岩倉図書館 吉祥院図書館、向島図書館、京都大学稲盛財団記念館

 

☆京都国際映画祭 公式サイト

        http://kiff.kyoto.jp

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

URLが表示できない時の処置

URLをクリックしてもサイトが表示できない時は、ctrlキーを押しながらCを押してコピーをし、URLバーに貼り付けて下さいませ。

お手数を取らせますが、 どうぞよろしくお願いいたします。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

第73回 春の院展 [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

73回 春の院展

題.jpg

                                                 

 

                                                                                                                                 以下撮影:浦 典子

 

常に日本画壇をリードし続ける日本美術院の巨匠から新鋭作家まで意欲溢れる新作の数々を展示する春の院展がそごう神戸店においてから始まった。

6月に阪急うめだギャラリーで行われた巡回展だ。

うめだギャラリーでの展覧会については以下に記しているので参照されたし。

   https://art-news-jp.jimdo.com/2018/06/07/up73-春の院展/

   https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2018-06-07

日本美術院は、明治31(1898)に岡倉天心らによって創設された。一時は中断したが、大正3(1914)横山大観らによって再興。

以来、脈々と続いた在野精神を受け継ぎ、近代日本画の発展に輝かしい足跡を残して来た。

院展は、現在、公益財団法人日本美術院が主催運営している日本画の 公募展覧会である。

日本美術院は、東京美術学校長の職を退いた岡倉天心が、大学の上 に大学院があるように、美術学校においても美術院の設置が必要であるとの考えから、設立されたのだ。

今年は、日本美術院を再興させた横山大観の生誕150年に当たる。

先日、東京行われた生誕150年 横山大観展については以下で記しているので参照されたし。

☆生誕150年 横山大観展

   https://art-news-jp.jimdo.com/2018/05/15/生誕150-横山大観展-the-150th-anniversary-of-his-birth-yokoyama-taikan/

    https://art-news-jp.jimdo.com/2018/05/15/フォトギャラリー-生誕150年-横山大観展/

  https://art-news-jp.jimdo.com/2018/05/15/追加情報-生誕150-横山大観展/

  http://artnews.blog.so-net.ne.jp/2018-05-15

  http://artnews.blog.so-net.ne.jp/2018-05-15-1

  

 なお、ポスターやチラシで見かける「春の院展」の文字は、日本美術院 初代理事長・安田靫彦(やすだ ゆきひこ)によるものだ。

安田靫彦については以下で記しているので参照されたし。

☆「遊亀と靫彦 ─師からのたまもの・受け継がれた美─」

http://artnews.blog.so-net.ne.jp/2014-11-22-1

 このように院展は、由緒正しく歴史を刻んだ展覧会だ。

 日本美術院は、秋に行われる再興院展と春の院展の年二回の展覧会を開催している。

 大正3年(1914年)に横山大観らによって再興され、現在まで続いているのが、再興院展。

その後、昭和20年(1914年)から開催され続けているのが、春の院展。

 大阪での開催は、実に4年ぶりで、阪急うめだ本店で開催されたが、そごう神戸店ではここ10年以上、毎年開催されている歴史ある会場だ。

そごう神戸店会場では、「兵庫県いけばな協会 特別展示」が同じ会場内に開催されており、絵画といけばな作品を同時に鑑賞できる。

DSC_0008s.jpg

流派を超えて兵庫県いけばな協会の協力による展示がなされているのも魅力的だ。

横山大観から堅山 南風(かたやま なんぷう)へ、そして松尾敏男(まつお としお)へと引き継がれた墨。

昨年、松尾敏男の一周忌に那波多目 功一(なばため こういち)に渡してほしいとの遺言によりその墨を使って描かれた《ふり初めし刻(とき)。DSC_0006s.jpg

 

このように脈々と受け継がれた院展は画題も古代から現代のものまで多岐にわたり、伝統を受け継ぎながら、時代をもとらえようとしている。DSC_0007s.jpg

 

そして、いけばなとのコラボなどさまざま試みに挑戦しているのだ。

同人作家の作品35点をはじめ、招待作家、受賞作品、関西在住作家の入選作を合わせた140余点を一堂に展示。

 春の院展巡回展に合わせた小品展、水無月会もお見逃しなく。

 

[日本美術院春季展賞(郁夫賞)] 前田 力《刻む》

[日本美術院春季展賞] 鈴木恵麻《路傍の花》

[外務大臣賞・奨励賞] 浦上義昭《遊仙郷》

[奨励賞]

浦上義昭《遊仙郷》 染谷香理《雨結》 辻村和美《時の影》 永井健志《秋に容花》

川﨑麻央《火之御子》 関 晶子《初風》 廣瀨貴洋《羽化》 藤井聡子《目映し》

平林貴宏《レムの水槽》 山田 伸《回生》 谷 善徳《春水》 白井 進《春》

下村 貢《歴映》 山浦めぐみ《DIRETTO》 山梨千果子《みえる みられる》

 

DSC_0009s.jpg

会期:平成30年(2018年)95()10()

会場: 9階 催会場 

※最終日は午後6時閉場。

■入場時間/午前10時~午後730

※各日午後8時閉場。

※最終日910()は、入場時間午後530分まで。

■入場料:一般600円、大学生400円、(高校生以下無料)

※ミレニアム/クラブ・オンカード会員さまは、200円割引。

※障がい者手帳各種で、ご本人さまとご同伴1名さままで無料。

☆そごう神戸店

     https://www.sogo-seibu.jp/kobe

☆公益財団法人日本美術院

       http://nihonbijutsuin.or.jp

■主催/公益財団法人 日本美術院、神戸新聞社

■後援/兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会

■協力/兵庫県いけばな協会

 

☆読者プレゼント 

    1020名様にご招待券 プレゼント

     あて先 :  loewy@jg8.so-net.ne.jp

    件名:展覧会名と会場名

    本文:ご住所、お名前

    をお書きの上どしどしご応募下さい。

        締切:http://art-news-jp.jimdo.comにてUPした日の午前零時

    発送をもって当選と代えさせていただきます。

    会期が短いため、速達などお届けに最善を尽くします。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

URLが表示できない時の処置

URLをクリックしてもサイトが表示できない時は、ctrlキーを押しながらCを押してコピーをし、URLバーに貼り付けて下さいませ。

お手数を取らせますが、 どうぞよろしくお願いいたします。

 

☆主な巡回予定

平成30928日(金)~108日(月・祝) 11日間 そごう広島店 など


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

平山郁夫 シルクロードコレクション展 夫妻の視点が織りなす、人類の遺産 [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

平山郁夫 シルクロードコレクション展

夫妻の視点が織りなす、人類の遺産

 

日本画壇の巨星、日本美術院の理事長を永く務め、日本美術界のみならず世界の文化財保護に力を注いだ平山郁夫(1930-2009)

平山郁夫が描いたシルクロードの旅の足跡、バーミヤンの大石仏破壊前後の絵画や各国で収集した精緻で高価な金銀装身具などの工芸品とこの地域固有の貴重な織物などを展示する展覧会が阪急うめだギャラリーにおいて好評開催中だ。

以前の平山郁夫展については以下などに記しているので参照されたし。

 

☆春季特別展 平山郁夫展

  https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2012-05-19

☆平山郁夫 シルクロードの軌跡 展

  https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2012-05-24-2

☆大丸京都店四条烏丸出店100周年記念 「次世代へのメッセージ 平山郁夫展」

  https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2012-09-07-1

☆次世代への伝言(メッセージ) 平山郁夫展

  https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2013-01-30

☆特別展「平山郁夫 悠久のシルクロード」

  https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2013-06-25

 

5歳の時の広島での被爆体験をもとに死と向き合いつつ描いた《仏教伝来》が再興院展で注目されてから、日本文化の源流を求めてシルクロードを歩き出した平山郁夫。

文明が行き交い仏教が東漸した道でもあるシルクロードの平山夫妻の旅は、1968(昭和43)年から始まり、以後40年にわたり続いた。

この展覧会では、平山郁夫シルクロード美術館が所蔵する平山郁夫が描いたシルクロードの旅の足跡、バーミヤン大石仏破壊前後の海外や奈良・薬師寺玄昌三蔵院壁画大下図等絵画、妻の美知子と共に各国で収集した精緻で高価な金銀装身具などの工芸品とこの地域固有の貴重な織物などを展示。

夫妻の視点が織りなす、平山藝術とシルクロード文化の魅力をあますところなく紹介するもの。

紀元前3世紀のペンダントや大きな唐時代の三彩など、平山郁夫でなければ手に入れられなかったであろう貴重な品々が所せましと展示されている。

中国の美術館でもこのスケール感の大きさの美術品は、大変珍しい。

 

2018817() 27()

9階 阪急うめだギャラリー※閉場30分前までにご入場のこと。

※催し最終日は午後6時閉場

入場料:大人800円、大学、高校、中学生600円、小学生以下無料

阪急お得意様カード、ペルソナカード、エメラルドSTACIAカードのご呈示でご本人様に限り、入場料から100円割引

☆☆阪急うめだギャラリー

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/event/index.html

☆平山郁夫シルクロード美術館

    http://www.silkroad-museum.jp/

☆読者プレゼント 

   1020名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:UPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

会期が短いため、速達などでお届けには最善を尽くします。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

 ※画像および記事の無断転載禁止

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

超世代 仮面ライダープレミアムアート展 [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

超世代 仮面ライダープレミアムアート展



DSC_0135s.jpg 

  (C)石森プロ (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映   

  撮影:浦 典子 

                                 

昭和から平成・・・・そして次代へ、超世代の系譜。

1971年にスタートして今なお人気の仮面ライダーシリーズ。

仮面ライダー1号から仮面ライダービルドまで、長年に渡って続く、仮面ライダーの魅力と軌跡を紹介する展覧会が、そごう神戸店において88日(水)~15日(水)開催されている。

2016年には、浜松市美術館、2017年には、佐川美術館と周南市美術博物館 という美術館で開催された本格的な展覧会の巡回展だ。

もちろん、百貨店では日本初の開催。

19714月に放送が始まってから45年以上経つ今でも新たな仮面ライダーが誕生し続けている。

今も昔も子どもたち、いやみんなの憧れの的だ。

親、子、孫の三世代の来場が目立つ。

45年以上の長期にわたる仮面ライダーの歴史は、親世代の幼少期から始まる。

何とロングライフなコンセプトだ。

その秘密は、悪の組織や怪人を倒すストーリーの中に時代の流行を上手く取り入れて進化し続けていること。

登場した主役たちは30以上存在し、昆虫からメカニック関係をモチーフにしたものまで、多様だ。

放送が始まる前に、「萬画 仮面ライダー」が存在したという。

仮面ライダーの原作者、石ノ森章太郎は「漫画」を「萬画」と表現した。

これは、後に1989年に石ノ森章太郎が提唱した「萬画宣言」によるものだ。

そんな萬画の仮面ライダーから現代までの歴史をたどれるのがこの展覧会の最大の魅力。

仮面ライダーの生みの親である石ノ森章太郎の貴重な画原画やイラスト原画をはじめ、バイクや変身ベルトなども展示。

中でも石ノ森章太郎の使用した画材道具も展示されており、美術魂を掻き立てられる。

筆者が、2011年東日本大震災の津波の後、石ノ森萬画館の広報担当者にお話をお聞きした際、被災し貴重な品々が水浸しになったり失われたと知った。

この展覧会で漫画原画やイラスト原画を鑑賞した際、東日本大震災のことを風化させてはならない、そして前を向いて歩んでゆくことの大切さも併せて感じた。

仮面ライダーの魅力は、等身大の正義のヒーローという親しみやすさだ。

平成の仮面ライダーを見ている子どもたちの多くは、「仮面ライダー1号」を知っているという。

昭和の仮面ライダーを見ていた親世代と孫世代が共通の話題や今と昔の違いなどを話しながら盛り上がる。

親子世代が孫世代にちょっぴり自慢できる。

そして、世代を超えてコミュニケーションを図れる。

何て素敵なことなんだろう。

「萬画宣言」の中で石ノ森章太郎は、漫画はあらゆるものを表現できる無限の可能性を秘めたメディアであることから、もはや「漫画」ではなく万物を表現できる「萬画」であると提唱した。

石ノ森章太郎の創り出す作品は、充分、芸術に値する。

もう一度、言おう。

この展覧会は、美術館で開催された本格的な展覧会の巡回展だ。

仮面ライダーグッズの販売も見逃せない。

お見逃しなく。

 

☆展示構成・みどころ

昭和の仮面ライダーから平成の仮面ライダーを紹介。

《悪の秘密結社》のコーナーや写真撮影ができるフォトエリアも。

 

DSC_0137s.jpg

 1章 萬画 仮面ライダー

原作者・石ノ森章太郎が生み出した仮面ライダー。記念すべき第1話全ページをはじめ、選りすぐりの名シーンの生原稿や石ノ森章太郎の愛用品など、貴重な資料を幅広く紹介。

2章 仮面ライダー 1971

「仮面ライダー1号」から「仮面ライダーJ」までを、石ノ森章太郎によるイラストやデザイン原画、TVシリーズの写真パネルや昭和の仮面ライダーの立像を展示。

3章 仮面ライダー 2000

2000年に放送された「仮面ライダークウガ」から2016年に放送が始まった最新作「仮面ライダーエグゼイド」までの平成の仮面ライダーシリーズを、見応えあるパネルや映像、変身ベルトなどを紹介。

4章 悪の秘密結社

「仮面ライダー」に登場する悪の秘密結社ショッカーの基地をイメージしたコーナー。秘密基地の中には、ショッカーの戦闘員や怪人の立像、写真やイラストパネルを展示。DSC_0136s.jpg

 

 

■そごう神戸店本館9階=催会場 

 会期:

 201888日(水)~15日(水)

■開館時間:

午前10時〜午後730

※各日午後8時閉場

※最終日のご入場は午後530分まで(午後6時閉場)

■入場料:(税込)

 一般 700

高・大学生 500

中学生以下 無料

※ミレニアムカード会員さまはカードのご提示で/、ご本人さまに限り、200円割引ご優待。

※障がい者手帳ご提示で、ご本人さまとご同伴1名さままで無料。

 

特別監修  石森プロ

企画制作  東映株式会社

☆そごう神戸店

     https://www.sogo-seibu.jp/kobe

☆読者プレゼント 

    510名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :  loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:http://art-news-jp.jimdo.comにてUPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

   会期が短いため、速達などお届けに最善を尽くします。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

URLが表示できない時の処置

URLをクリックしてもサイトが表示できない時は、ctrlキーを押しながらCを押してコピーをし、URLバーに貼り付けて下さいませ。

お手数を取らせますが、 どうぞよろしくお願いいたします。

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

祝 開通50周年、神戸高速線をクローズアップ 鉄道模型フェスティバル2018 [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

祝 開通50周年、神戸高速線をクローズアップ

鉄道模型フェスティバル2018

 

毎年恒例なった「鉄道フェスティバル201」が、阪急うめだギャラリーに今年もやってきた。

毎年、以下などで記しているので参照されたし。

https://artnews.blog.so-net.ne.jp/2015-08-13

 

この「鉄道フェスティバル2018」では、見応えたっぷりのジオラマや、鉄道模型が大集合!

 昭和から平成へと時代を駆け抜けた列車を特集!

 関西の電車を中心に、昔懐かしい車両や、現在活躍する車両. 精巧なN ゲージ大型ジオラマが登場。

鉄道模型の運転体験や本物さながらのシミュレーターでの運転士体験、制服や制帽での記念撮影コーナーなど。

大阪市営地下鉄民営化を記念した、特別展示も。

 

HOゲージの大型ジオラマでのリアルな体験コーナー

    5名様まで一緒に運転体験ができる「じゃりちゃん鉄道」がパワーアップして登場。

■リアルに再現!大迫力の大型ジオラマ

    3私鉄が乗り入れる高速神戸駅のジオラマが登場。

    神戸高速線が開通当時に活躍していた4私鉄の車両が一堂に。

    関西の電車を中心にNゲージやHOゲージで昔懐かしい車両や現在活躍する車両が勢揃い。

■会場限定グッズもお忘れなく。

開通50周年を迎えた「神戸高速線」特集

 神戸市に乗り入れる4私鉄(阪急、阪神、山陽、神戸電鉄)の接続を目的として開業した神戸高速線。

 開業当時や現在活躍する車両が一堂に。

運転席からの眺めや音をリアルに再現した電車シミュレーターで運転士体験。今年は新路線が追加。

お盆の時期でもあり、親子3世代で楽しんでいただきたい。

このフェスティバルは、一切巡回しない、阪急うめだギャラリーオリジナル。

会場内は、うれしいことに記念撮影も可。

カメラを持って出かけよう。

                            

201886日(水)~815日(水)

9階 阪急うめだギャラリー※閉場30分前までにご入場ください。

※催し最終日は午後5時閉場

入場料:大人600円、学生400円、未就学児無料

阪急お得意様カード、ペルソナカード、エメラルドSTACIAカードのご呈示でご本人様に限り、入場料から100円割引

 

☆読者プレゼント 

   1020名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:UPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

会期が短いため、速達対応いたします。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

   

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

 ※画像および記事の無断転載禁止

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

特別展 至上の印象派展 ビュールレ・コレクションImpressionist Masterpieces from the E.G. Buehrle Collection, Zurich (Switzerland) [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

特別展 至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

Impressionist Masterpieces from the E.G. Buehrle Collection, Zurich (Switzerland)

 

1.ピエール=オーギュスト・ルノワール《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢》.jpg

ピエール=オーギュスト・ルノワール  《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》

1880年油彩、カンヴァス65×54cm

[コピーライト]Foundation E.G. Buhrle Collection,Zurich (Switzerland)

Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

 

絵画収集に情熱を注いだ傑出したスイスのコレクター、エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)。

13①.(関連画像)エミール=ゲオルグ・ビュールレ(1950年頃)のポートレート.jpg

エミール=ゲオルク・ビュールレ、1950年頃

Photo: Foundation E.G. Buhrle

Collection, Zurich (Switzerland)

 

そのコレクションは、主に16世紀のオランダ絵画から20世紀の近代絵画に至る作品が多く質が大変高いため、世界中の美術ファンから注目されている。

中でも印象派・ポスト印象派の作品は傑作中の傑作が揃っていることでも高名だ。

そのため、世界を代表するプライベート・コレクションの一つと数えられる。

 

1937年、エミール・ゲオルク・ビュールレが、故郷のドイツからスイスのチューリッヒに移り住み、その邸宅を飾るために収集した美術品の数々。

これまでは、邸宅の別棟を改装した美術館に展示してあったが、2015年に閉館され、2020年にビュールレ・コレクションの全ての作品がチューリヒ美術館に移管されることになった。

 

そのため、コレクションの全体像を紹介する最後の機会として、日本での展覧会が実現できるようになったという大変貴重なタイミングに恵まれた展覧会が九州国立博物館において好評開催中だ。

この展覧会は、国立新美術館で開催され、人気を博した巡回展だ。

今まで、スイス国外にコレクションがまとまって公開されたのは過去に数回のみ。

ビュールレ・コレクションには、モネ、ゴッホ、セザンヌなど、有名作家の作品の中でも傑作が数多く含まれる。

 

近代美術の精華ともいえるこの展覧会の出品作品、64点の約半数は日本初公開。

なかでもモネの代表作の一つ、高さ2メートル×幅4メートルの大作《睡蓮の池、緑の反映》は、これまでスイス国外には一度も出たことがない。

 

スイスは物価も高く、ヨーロッパの中でもなかなか行きにくい国。

ビュールレ・コレクションは、パリの美術館の主任学芸員に紹介されて、一度訪れたいと思いながらそのままになっており、やがて閉館されてしまった。

それが大変残念だったが、日本に居ながらにして鑑賞できるのは何ともありがたい。

パリでモネの「睡蓮」を鑑賞した人は多いだろうが、多くの日本人はチューリッヒで何日も宿泊しないのでなかなか見るチャンスには恵まれていないのが現実だ。

門外不出といわれたモネの最高傑作をここ日本で見られるという夢のような展覧会だ。

 

☆主な日本初公開作品

ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルの《アングル夫人の肖像》(1814年頃)

クロード・モネ《陽を浴びるウォータールー橋、ロンドン》(1899 - 1901)

ウジェーヌ・ドラクロワ《モロッコのスルタン》(1862)

カミーユ・ピサロ《ルーヴシエンヌの雪道》(1870年頃)

エドゥアール・マネ《ベルヴュの庭の隅》(1880)

アルフレッド・シスレー《ハンプトン・コートのレガッタ》(1874)

ピエール=オーギュスト・ルノワール《泉》(1906)

フィンセント・ファン・ゴッホ《二人の農婦》(1890)

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《コンフェッティ》(1894)

ポール・ゴーギャン《贈りもの》(1902)

2008年、武装した国際強盗団が学芸員に銃を突きつけ、ドガ、モネ、ゴッホ、セザンヌの油彩画以下4作品を強奪し、美術品の盗難事件としてはヨーロッパ史上最大規模といわれる。

ドガ 『リュドヴィック・ルピック伯爵と娘たち』

モネ 『ヴェトゥイユ近郊のひなげし畑』

ゴッホ 『花咲くマロニエの枝』

セザンヌ 『赤いチョッキの少年』

現在すべて発見され、来日していることも大変喜ばしい限りだ。

 

この展覧会では写真撮影OKの作品があるのもうれしい限りだ。

連日、大賑いだが、待っても見る価値は大いにある。

716日(月・祝)まで。お見逃しなく。

 

☆構成

 1章 肖像画

 2章 ヨーロッパの都市

 3章 19世紀のフランス絵画

 4章 印象派の風景 ―マネ、モネ、ピサロ、シスレー

 5章 印象派の人物 ―ドガとルノワール

 6章 ポール・セザンヌ

 7章 フィンセント・ファン・ゴッホ

 8章 20世紀初頭のフランス絵画

 9章 モダン・アート

 10章 新たなる絵画の地平

 

会 期:

2018年(平成30年)519日(土)~ 716日(月・祝)

休館日:

72日(月)

開館時間:

日曜日・火曜?木曜日

930分~1700分(入館は1630分まで)

金曜日・土曜日【夜間開館】

930分?2000分(入館は1930分まで)

観覧料:

一 般 1,600円(1,400円)

高大生 900円(700円)

小中生 500円(300円)

【夜間割引料金】

一 般 1,400

高大生 700

小中生 300

※入場は閉館の30分前まで?

 

主催:

九州国立博物館・福岡県、西日本新聞社、NHK福岡放送局、NHKプラネット九州

共催:

(公財)九州国立博物館振興財団

協賛:

損保ジャパン日本興亜、積水ハウス、ふくおかフィナンシャルグループ、西日本鉄道

特別協力:

太宰府天満宮

協力:

スイス政府観光局、スイスインターナショナルエアラインズ、日本貨物航空、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン

 後援:

外務省、スイス大使館、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、九州・沖縄各県教育委員会、福岡市、福岡市教育委員会、北九州市、北九州市教育委員会、太宰府市、太宰府市教育委員会、福岡EU協会、アンスティチュ・フランセ九州、西日本リビング新聞社、FM FUKUOKAcross fmLOVE FM西日本鉃道、九州旅客鉄道、日本自動車連盟福岡支部、NEXCO西日本九州支社、福岡県タクシー協会、福岡市タクシー協会、福岡商工会議所、太宰府市商工会、太宰府観光協会、日本旅行業協会、西日本文化サークル連合、西日本新聞TNC文化サークル、国際ソロプチミスト太宰府

 

会 場

お問合せ

ハローダイヤル 

050-5542-8600NTTハローダイヤル 午前8時?午後10時/年中無休)

☆九州国立博物館ホームページ

     https://www.kyuhaku.jp/

 

☆読者プレゼント 

   510名様にご招待券 プレゼント

   あて先 :  loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

    締切:http://art-news-jp.jimdo.comにてUPした日の午前零時

   速達など最速の方法でお送りいたします。

発送をもって当選と代えさせていただきます。

 

☆巡回予定

名古屋市美術館   ?7/28(土)~9/24(月・祝)

   

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

URLが表示できない時の処置

URLをクリックしてもサイトが表示できない時は、ctrlキーを押しながらCを押してコピーをし、URLバーに貼り付けて下さいませ。

お手数を取らせますが、 どうぞよろしくお願いいたします。

 

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

倭-YAMATO [美術館  ARTNEWS アートニューズ]

-YAMATO

DSC_0832s.jpg      撮影  浦 典子  撮影許可取得済

世界54ヶ国、3,500回以上の公演実績を持つ倭-YAMATO

その日本ツアーが20185月から始まっている。

-YAMATOについては、以下に記しているので参照されたし。

http://artnews.blog.so-net.ne.jp/2017-07-02

http://artnews.blog.so-net.ne.jp/2017-07-03

http://artnews.blog.so-net.ne.jp/2017-07-07

 

https://art-news-jp.jimdo.com/2017/07/02/-yamato/

https://art-news-jp.jimdo.com/2017/07/03/-yamato-the-challengers-2017-2018/

https://art-news-jp.jimdo.com/2017/07/07/-yamato-the-challengers-2017-2018/

 

筆者が記事を書いてから、倭-YAMATOは、ドイツツアー(夏14公演)、オーストラリアツアー(16公演)、ドイツツアー(冬15公演)を行なって来た。

公演開催国は、去年から一ヶ国増え、54ヶ国に。

2018年には、奈良県文化会館にて新春恒例奈良公演の後、全米ツアーを約3か月こなした。

そして、帰国後、日本ツアーが始まったのだ。

-YAMATOのスケジュールはかなりタイトでほとんど海外公演を行なっている。

今から一番近い日本公演は630()、大阪 メルパルク大阪 15:00から行われる。

623日には、FM COCOLO加美幸伸DJの「SATURDAY MAGNIFICENT CAMP」に倭-YAMATO-小川正晃代表が出演するなど、活躍の場を広げている。

DSC_0886s.jpg

聞き逃した方はradikoタイムフリーから聞ける。(1週間以内のみ)

http://radiko.jp/#!/ts/CCL/20180623150000

 

樹齢400年の大木で造った太鼓を筆頭に数十台の太鼓群。

その音は心に染み入る。

-YAMATOはパフォーミングアーツ集団の中で、群を抜く海外公演数を誇る。

公演会場は、一流のところばかり。

海外の人に教えてもらって初めて自国の文化の良さに気づく。

日本人が21世紀の今こそ、和太鼓に注目する時なのだ。

海外では倭-YAMATOのチケットは常に完売で入手困難。

大阪公演は、まだ少しだが残席はある。

チケット代は、去年のドイツだとEUR 55.00くらいなので、日本公演の方が格段に安い。

おおむね、クラシックのコンサート、オペラ、バレエは、海外で鑑賞した方が同じ演目で同じ出演者なら日本で鑑賞するよりはるかに格安だ。

日本公演の方がチケット代が安い。

こんなことは滅多にないことなのだ。

日本公演を鑑賞できるのは、日本に住んでいる、または訪れている人の特権だ。

大阪公演には、さらに成長した倭-YAMATOを鑑賞しに筆者も出かけるつもりだ。

彼らは期待に充分応えてくれるだろう。

海外で活躍をしている倭-YAMATOを筆者は日本人として誇りに思っている。

その運営もエンターテイメントのプロとしてリベラルで開放的、全く閉鎖的ではない。

国際社会に通用する秘密は、こんなところにあるのだと去年からやり取りしていて筆者は痛感している。

そして、倭-YAMATOは、充分、「日本」を代表しているといえるだろう。

大阪公演の後、ドイツ公演に約2ヶ月出かけるという。

帰国後、99() 滋賀・長浜 浅井文化ホール 14:00で公演が行われる。

ぜひ、お見逃しなく。

☆『倭-YAMATO- 日本ツアー2018

大阪公演 

@メルバルク大阪

日時=6/30() 15時~

日程/開場

チケット

全席指定 前売 一般 4500円 / 4歳〜中学生 3500円 

当日500UP 

※3歳以下入場不可

お問合せ

サウドクリエーター 06-6357-4400 

http://www.sound-c.co.jp

URL

   http://www.yamato.jp

 

☆読者プレゼント 

   大阪公演  各 36名様に ご招待券 プレゼント

   あて先 :  loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:展覧会名と会場名 希望公演日

   本文:ご住所、お名前

   をお書きの上どしどしご応募下さい。

       締切:http://art-news-jp.jimdo.comにてUPした日の午前零時

   発送をもって当選と代えさせていただきます。

   会期が短いため、速達などお届けに最善を尽くします。

 

☆ご意見・ご要望・ご感想のお願い

 よりよいサイトづくりのため、読者の皆さまからのご意見を常時受け付けております。

   あて先 :loewy@jg8.so-net.ne.jp

   件名:アートニューズ ご意見・ご要望・ご感想

   とお書きの上、ご意見・ご要望をお送り下さいませ。

   お待ちいたしております。 

※人物名の表記は、敬称略。

※画像および記事の無断転載禁止

 

☆お知らせ

いつもご愛読下さいまして、まことにありがとうございます。

皆さまからのあたたかい励ましのメイル、大変ありがたくうれしく思っております。

多くのかたからメイルをいただいておりますため、ご返信ができないこともございますが、何卒お許し下さいませ。

 

URLが表示できない時の処置

URLをクリックしてもサイトが表示できない時は、ctrlキーを押しながらCを押してコピーをし、URLバーに貼り付けて下さいませ。

お手数を取らせますが、 どうぞよろしくお願いいたします。

 

☆今後の公演予定

滋賀公演 

日程/開場

2017年 9月 9() / 長浜市浅井文化ホール

開演/開場

1400 / 1330

 

☆海外公演

 

73()  ドイツ

ハノーファー Staatsoper Hannover  20:00

74()  ドイツ

ハノーファー Staatsoper Hannover  20;00

75()  ドイツ

ハノーファー Staatsoper Hannover  20:00

76()  ドイツ

ハノーファー Staatsoper Hannover  20:00

77()  ドイツ

ハノーファー Staatsoper Hannover  16:00

20:00 チケット

78()  ドイツ

ハノーファー Staatsoper Hannover  15:00

712()  ドイツ

ハノーファー Staatsoper Hannover  20:00

713()  ドイツ

ハノーファー Staatsoper Hannover  20:00

714() ドイツ

ハノーファー Staatsoper Hannover  20:00

724() ドイツ

ミュンヘン Deutsches Theater Munich 19:30

725() ドイツ

ミュンヘン Deutsches Theater Munich 19:30  

726() ドイツ

ミュンヘン Deutsches Theater Munich 19:30  

727() ドイツ

ミュンヘン Deutsches Theater Munich 19:30

728() ドイツ

ミュンヘン Deutsches Theater Munich 15:00

19:30 チケット

729() ドイツ

ミュンヘン Deutsches Theater Munich 14:30

19:00 チケット

731() ドイツ

ヴンジーデル

 Luisenburg-Festspiele

 20:30 チケット

83(金)

ドイツ

ニュルンベルク

 Staatstheater Nurnberg 20:00

84()

ドイツ

ニュルンベルク

 Staatstheater Nurnberg 16:00  20:00

85()

ドイツ

ニュルンベルク

 Staatstheater Nurnberg 15:00

87() 

ドイツ

ニュルンベルク

 Staatstheater Nurnberg 20:00

88()

ドイツ

ニュルンベルク

 Staatstheater Nurnberg 20:00

89()

 ドイツ

ニュルンベルク

 Staatstheater Nurnberg 20:00

810()

 ドイツ

ニュルンベルク

 Staatstheater Nurnberg 20:00